**都立西高サッカー部OB・OG会のホームページへようこそ**

高校総体、初戦 鷺宮に苦杯。

最後まであきらめず、敵陣ゴールへ攻め込む西高イレブン。(サックスブルー)
最後まであきらめず、敵陣ゴールへ攻め込む西高イレブン。(サックスブルー)

快晴の4月23日、高校総体東京都予選南支部第1回戦が、筑波大駒場グランドで行われました。
●都立西高 0-3 都立鷺宮
 前半0-1、後半0-2 (40分ハーフ)
残念ながら、初戦敗退の厳しい結果となりました。
多くの感動を与えてくれた大村主将たち70期の中には、この試合がラストゲームとなる選手もいる。区切りをつけて勉学に励むもよし、再度可能性に挑戦するもよし。悔いのない高校3年を自分で設計して頂きたい。
夏の合宿は7月29日からです。個々の素質を磨き、チームとしてのレベルアップを図って頂きたい。期待しています。
ご指導頂いています寺嶋先生、平山先生、篠田先生、斉藤先生に感謝します。
 (詳細は、「観戦記」をご覧ください)

 (父母の会有志撮影の写真集は「高校総体写真集」をご覧ください。)

4月23日、高校総体予選開幕、対鷺宮戦。

平成29年度高校総体、東京都南支部予選に西高サッカー部は挑戦します。

第1回戦、4月23日(日)11時15分、筑波大学付属駒場グランドで、都立鷺宮と対戦。

第2回戦、4月30日(日)15時15分、筑波大学付属駒場グランドで、堀越と対戦。

南2B決勝、5月3日(祝)11時15分、都立大泉グランドです。

NFC70期71期へ熱い応援よろしくお願いします。

1年生72期は約20名が入部しています。

筑波大学付属駒場グランドはこちら

トーナメント表は、PDFをご覧ください。

平成29年度高校総体 予選 南支部.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 64.3 KB

69期 卒業おめでとう

 特集ページを作成しました。こちらをご覧ください。

3月27日69期お別れゲームに若手OBも参加

 NFC69期23名のお別れゲームが、3月27日西高で開催され、67期6名、68期7名が参加し、69期、70期とハンドボールコートでフットサルを楽しみ、交流を図りました。

69期が入学時3年生だった67期の6名
69期が入学時3年生だった67期の6名
69期のチームメートだった68期の7名
69期のチームメートだった68期の7名

現役最後のチームプレーをした69期の22名。
現役最後のチームプレーをした69期の22名。
お別れゲームを企画した現役70期のメンバー。
お別れゲームを企画した現役70期のメンバー。

杉並区民大会高校の部の写真を掲載。

 平成28年度杉並区民大会の11月20日、第71期の1年生チームが日大鶴が丘戦と対戦した記録写真を、掲載しました。こちらをご覧ください。撮影は、父母会の皆様です。

SHA49ers見事に3位獲得。杉並区民大会。

3位のメダルをかけ、晴れやかな表情のSHA49ersイレブンと寺田名誉会長。
3位のメダルをかけ、晴れやかな表情のSHA49ersイレブンと寺田名誉会長。

2016年12月11日、快晴の上井草スポーツセンターで、杉並区民大会シニアの部3位決定戦が行われました。スコアレスの激闘の後、PK戦で競り勝ち見事、3位に輝きました。5人目の勝負を決めたPKキッカーは石橋亮でした。

 ○SAH49ers 0-0PK4-3 オクトパス。

12月の多忙な時期に、ギリギリの人数で戦い抜いたSHA49のメンバーを祝福します。

SHA49ers準決勝で惜敗。3位決定戦へ。

 12月4日、杉並区民大会シニアの部、準決勝、OBを中心としたSHA49ersは、事実上の優勝決定戦で宿敵二谷ロックに惜敗し、3位決定戦に回りました。

 ●SHA49ers 2-3 三谷ロック。 得点者:鈴木貴、横澤。

 3位決定戦は、12月11日(日)12時40分、上井草スポーツセンターで、オクトパスと行います。応援よろしくお願いします。

新人戦2回戦、私立武蔵に0-1 惜敗。

11月23日、私立武蔵グランドで、第2回戦が行われ、都立西は惜敗しました。●都立西0-1私立武蔵(前半0-0、後半0-1)

強豪の武蔵に対し、全員集中力を最後まで切らさず、互角以上の闘いをした。胸を張って次の目標へ挑戦して頂きたい。

 終了後、1999年~2007年にご指導頂きました大塚雅一先生と歓談しました。現在都立淵江高校の校長をされています。

 観戦記は、こちら

武蔵のコーナーキックへ対応する両チーム。(西はサックスブルー)
武蔵のコーナーキックへ対応する両チーム。(西はサックスブルー)

新人戦、初戦快勝、西10-1中野工業。

 快晴の11月20日、新人戦手権第5地区、第1回戦、都立西高は快勝し、2回戦へ進んだ。

〇都立西高10-1都立中野工業(前半6-0、後半4-1)

 得点者、大村2、福渡5、石塚2、櫛田1。

70期の大村主将が率いる新チームは、開始1分、大村主将が先制点を決めると、71期1年生FW福渡が次々と5点を決める大活躍。後半も6分に大村が追加点を挙げると、DFの櫛田や、後半登場したFW石塚が2点を決め、10点の大量得点を挙げた。MF陣が中盤を制し、CBを起点とした縦パスが有効で、FW陣が決定力を発揮した。

 第2回戦は、都大会の常連である私立武蔵。23日(祝)9時半より、会場は私立武蔵。

是非、応援よろしくお願いします。

 なお、「観戦記」のホームページはこちら


杉並区民大会、高校の部は、初戦PK戦で惜敗。

新人戦と同日、11月20日、上高井戸運動場で、杉並区民大会の第1回戦が行われました。

●都立西高Bチーム0-0 PK2-4 日大鶴が丘

 全員71期の1年生チームが、杉並区民大会へ挑戦した。GK黒澤を中心に守り切り好試合を展開したが、残念ながら、スコアレスの上、PK戦で敗退となりました。

 観戦記はありませんが、記録写真はこちらをご覧ください。

SHA49ers、杉並区民大会ベスト4進出。

 11月3日、都立西高サッカー部のOBを中心に活動している、SHA49ersは、杉並区民大会シニアの部でベスト4に進出しました。

 第1回戦 10月10日 ○ SHA49ers 3-1 S4FC

                得点者(アシスト):鈴木貴(安藤)、後藤(安藤)、横澤。

 第2回戦 11月  3日 ○ SHA49ers 2-2 PK3-2 杉並四十雀

      得点者(アシスト):佐々木(後藤)、後藤(安藤)

 準決勝は12月4日(日)12:40対戦相手は三谷ロック。会場は上井草スポーツセンー。

 決勝または3位決定戦 12月11日(日)会場は上井草スポーツセンター。

 応援よろしくお願いします。

 

訃報 中島裕氏(3期) ロイヤルサッカーでご活躍。

 9月22日、西高3期の中島裕氏が肺がんのため、84歳で逝去されました。中島氏は東大LBで、岡野俊一郎氏とFWのコンビを組み、近年は、70歳以上のロイヤルサッカーで、80歳代の最年長プレーヤーの一人として活躍されていました。西高現役の公式戦の試合会場に、時折応援していただいていました。昨年のOBOG総会にもご出席されていました。最後までサッカーを愛されていた先輩です。心からご冥福をお祈りいたします。

 ロイヤルサッカーでのご活躍はこちら

 

2014.11.30 ドリブル突破する中島氏
2014.11.30 ドリブル突破する中島氏
GKと対峙しシュートを狙う81歳の中島氏
GKと対峙しシュートを狙う81歳の中島氏

9月25日、OB・OG総会で西高会館寄付金など決定。

前列左から、寺田名誉会長3、渡辺理事20、小安会長18、小野寺理事29、橋本理事18、設楽理事59、 後列左から尾方副会長40、菅原理事65、山崎理事64、石川健次氏27.(名前の数字は期)
前列左から、寺田名誉会長3、渡辺理事20、小安会長18、小野寺理事29、橋本理事18、設楽理事59、 後列左から尾方副会長40、菅原理事65、山崎理事64、石川健次氏27.(名前の数字は期)

都立西高サッカー部のOB・OG総会を9月25日開催し、全議案が了承されました。
  議案:①2015年度決算承認。(南波佐間監事の監査を受けています)
     ②「西高会館存続基金」への募金について
       西高創立80周年記念事業である、西高会館を維持存続する基金創設

       に賛同し、サッカー部OBOG会として、15万円の募金協力を実施します。
     ③創部70周年事業について
       来年12月に、「創部70周年記念パーティ」「現役とのOB戦(フットサ

      ル又はフルコート)」など70周年事業を行います。参加呼びかけや当日の

      作業をする理事および実行委員メンバーを決めていきます。

     ④2016年度事業計画を承認。
     ⑤役員改選---13名全員の重任を決定し、本人の了解を頂きました。

   橋本理事から、9月25日現在の会員数は、1,070名、うちメールアドレス登録者は

    684名となっている旨の報告がありました。

第2回戦 2-4で調布北に惜敗。

 18日の雨のため順延された第2回戦は、19日駒澤補助球技場で実施された。

  ●都立西高 2-4 都立調布北 (得点者:石塚、渡辺)

  残念ながら、2回戦敗退となりました。

  激しい攻防の前半35分、調布北が先制点。後半11分FW石塚がバックヘッドで、同点に

  持ちこむ。再び調布北がリードするが、15分に渡辺の鮮やかなゴールで2-2に。

  しかし、ロングシュートなどにより、調布北が2点を追加し、西は押し切られた。

  ・夏合宿に参加した3年生69期の3人とマネージャーはこの試合をもって、部活動を引退

   する。最後まで燃焼した4人はおそらく悔いはないだろう。多くの感動をありがとう。

  ・秋の大会は、70期と71期が戦う。本大会で明らかになった課題を大村主将を中心に、

   チームで克服し、個人の体力とスキル向上を図っていただきたい。

  ・ご指導いただいています平山先生・寺嶋先生ありがとうございます。引き続き宜しく

   ご指導お願い申し上げます。  

  (筆者が会場に行けなかったため、本試合の観戦記はありませんが、父母会の有志の方

   が撮影した写真を掲載しています。こちらをご覧ください。)

8/16 全国大会予選、都立蒲田に快勝。初戦突破。

 全国高校サッカー選手権大会東京都大会 1次予選の第1回戦を、8月16日、筑波大学付属駒場高校グランドで行い、都立蒲田に快勝し、見事、初戦突破しました。

 ○都立西高3-0(前半1-0、後半2-0)都立蒲田

     得点者:渡辺里空、久保田耕介、石塚奏太。

第2回戦は、8月18日16時、東工大付属高校グランドです。(JR田町駅下車)

  対戦相手は、都立調布北と都立篠崎の勝者です。平日ですが、応援よろしくお願いします。

 (観戦記は、こちら

試合前、円陣で気合いを入れる。
試合前、円陣で気合いを入れる。
勝利の報告をする70期大村拡平主将とイレブン。
勝利の報告をする70期大村拡平主将とイレブン。
応援に駆け付けた父母のみなさまと69期の若手OBが、大村主将の勝利報告に拍手。
応援に駆け付けた父母のみなさまと69期の若手OBが、大村主将の勝利報告に拍手。
現役の試合を見守る寺田氏(3期)橋本氏(18期)、小安氏(18期)設楽氏(59期)。
現役の試合を見守る寺田氏(3期)橋本氏(18期)、小安氏(18期)設楽氏(59期)。

7月28日から8月1日に夏合宿。

NFC69期 4名が合宿参加
NFC69期 4名が合宿参加

恒例の夏合宿は、728日(木)~81日(月)まで下記で行います。 

群馬県利根郡片品村花咲1585-15

ペンション「いしづか」 

 

OB・OG会では、寺田名誉会長、小安会長、尾方副会長が、730日(土)に激励訪問をしました。

 

2016.7.30 NFC70期 19名
2016.7.30 NFC70期 19名
2016.7.30 NFC71期 24名
2016.7.30 NFC71期 24名

杉並サッカーシニアリーグでSHA49ersが準優勝。

2016年6月26日、南波佐間監督の指揮のもと、準優勝した、SHA49ersイレブン。
2016年6月26日、南波佐間監督の指揮のもと、準優勝した、SHA49ersイレブン。

 平成28年度、第21回杉並サッカーシニアリーグに16チームが参加し、6月26日、決勝戦が行われ、西高サッカー部OBを中心とする「SHA49ers」チームは見事、準優勝を飾りました。予選リーグA組を1位で通過し、決勝トーナメントに進出。

6月19日、準々決勝:○SHA49ers 2-0杉並四十雀。

6月26日(午前)、準決勝 :○SHA49ers 3-1高井戸東。

6月26日(午後)、決勝  :●SHA49ers 1-2沓掛ユナイテッド

下高井戸運動場で行われた最終日は、準決勝に続き決勝戦が行われ、ハードなスケジュール。先制点を奪ったSHA49ersでしたが、終盤に逆転され、惜しくも準優勝となりました。

 SHA49ersは、26期の南波佐間浩監督の指揮のもと、シニア資格である40歳以上の西高OBを中心に構成されています。40歳以上のサッカーを愛するメンバーを募集しています。

 

平成28年度 第21回 杉並サッカーシニアリーグ SHA49ers 準優勝.pd
Adobe Acrobat ドキュメント 44.3 KB

4月24日、高校総体、悔しい初戦敗退。

 4月24日、高校総体南支部第8ブロック、第1回戦に西高サッカー部は、0対4で都立町田に破れました。悔しい初戦敗退という厳しい結果となりました。

  都立西高 前半0-0、後半0-4 都立町田○

 69期の選手は、この日で引退するか、夏合宿をもう一度経験し、8月の全国大会予選に挑戦するか決断します。どちらの選択肢をとるにしても、一度しかない高校時代を、精一杯、生き抜いて欲しいと思います。ご指導いただきました顧問の先生に感謝申し上げます。

***観戦記は、こちら   写真集は、こちら

円陣を解いたあと、声を掛け合う西高イレブン
円陣を解いたあと、声を掛け合う西高イレブン

試合終了後、応援に来た、67期68期の若手OBと69期70期の全員写真
試合終了後、応援に来た、67期68期の若手OBと69期70期の全員写真

3月31日、68期送別ゲームに66期67期も参加。

 68期15名の卒業生を送る送別ゲームに、OBの66期・67期24名も参加し交流を深めました。また、海外留学の山本皓正も参加した。現役は、69期70期の29名が参加。

なお、顧問は、高橋先生が降り、平山先生が中心となり、寺島先生、篠田先生、齊藤先生たちが指導する体制となります。現役は、69期橋本拓昂主将、小林般部長が引っ張る体制となりました。各期の集合写真撮影は、3期寺田格郎名誉会長です。

 

OBのNFC66期67期のメンバー24名が参加。
OBのNFC66期67期のメンバー24名が参加。
今年卒業のNFC68期15名。海外留学の山本皓正も参加。
今年卒業のNFC68期15名。海外留学の山本皓正も参加。
現役の新3年69期、と新2年70期の29名。
現役の新3年69期、と新2年70期の29名。

68期15名が卒業。31日13時から送別ゲーム。

3月4日、NFC68期15名は、都立西高を卒業しました。おめでとうございます。小倉拓主将、大藪陽太部長、小梁川恵太副主将、GK岡田諒太郎、DF陣:池田暁、池田隼、工藤大介、高良英貴、福嶋祐人、MF陣:齊藤駿、道川真丹、森岡隼也、FW陣:柴田直弥、山本周太郎。マネージャー智野朱里。以上15名。(なお2名は海外留学中です)多くの感動をありがとうございました。新生活でも部活で学んだことを生かして下さい。

3月31日(木)13時より西高グランドで、恒例の送別試合が行われます。年度末にあたるので社会人の参加は難しいと思いますが、学生OBOGは是非、お運びください。

「68期 卒業おめでとう」特集はこちら

11月23日国学院久我山には健闘及ばず完敗。

杉並区民大会第2回戦は、11月23日下高井戸運動場で行われた。

都立西高 ● 0-5 国学院久我山(前半0-2、後半0-3)

69期3名、70期8名のBチームは、健闘及ばず、特に得点シーンでは個の力の差をみせつけられ、結果は完敗となった。若いメンバーにとり、「周りを見る」「ボールを止める」「受けやすいボールをける」この基本を叩き込まれた国学院久我山の3年生チームと競り合った経験を、次に繋げることに期待したい。

11月22日豊多摩戦に勝利し笑顔のイレブン69期70期と平山先生(右端)篠田先生(左端) 撮影は寺田名誉会長
11月22日豊多摩戦に勝利し笑顔のイレブン69期70期と平山先生(右端)篠田先生(左端) 撮影は寺田名誉会長

杉並区民大会第1回戦1-0、豊多摩に快勝

 11月22日下高井戸運動場で、杉並区民大会が開幕し、NFCは69期と70期のBチームが挑みました。接戦の末、後半に決勝点を挙げ、第1回戦を突破しました。

第1回戦 ○都立西1-0 都立豊多摩(前半0-0、後半1-0)      

     得点者:石塚奏太(70期)

第2回戦は、11月23日14:10より国学院久我山と対戦します。

新人戦初戦、佼成学園に2-3で惜敗

 11月22日早稲田高等学院グランドで、新人選手権第5地区第2回戦(初戦)で、佼成学園と大接戦の末、惜敗しました。

 都立西高● 2-3 佼成学園 (前半2-2、後半0-1)

   得点者:9分橋本拓昴(69期)、34分渡邊里空(69期)

 試合経過:前半4分、佼成学園が鮮やかなボレーシュートで先制。11分左から攻め上げ渡邊のアシストを橋本が右隅へグラウンダーのシュートを決め同点。互角の展開から、西高が中盤を制し良いリズムの中から、34分左から、渡邊が豪快なミドルシュートを決め逆転に成功。アディショナルタイムに佼成学園2トップの正面攻撃を受け、同点シュートを浴びる。

 後半、立ち上がりの攻防の中、4分佼成学園のFWへの寄せが甘く、逆転シュートを決められる。以降お互いに激しい攻防を展開したが、決め手に欠き、タイムアップとなる。

 新チームとなり、DF陣が一新され、GKを中心とした守備の体制が現状未成熟。なによりもトーナメントを勝ち上がる強い気持ちが必要であり、士気を鼓舞するリーダーシップを発揮することを選手一人ひとりに期待する。春の大会へ向けて、個を強化し、選手間のコミュニケーションを緊密に行うことが欠かせない。

69期70期新チームのこれからに期待したい。

 



11月23日NFC29期高原明生氏が「西高の夕べ」で講演

11月29日14時~ 「西高の夕べ」杉並公会堂
11月29日14時~ 「西高の夕べ」杉並公会堂
NFC29期高原明生氏(東大教授)
NFC29期高原明生氏(東大教授)

高原明生氏は、難しい日中関係の改善へ向けて、2013年に「新しい日中関係を考える研究者の会」を立ち上げ、日中の研究者を中心とした国際的な知的ネットワークを広げて、

東アジア地域の緊張を緩和するため努力されています。 

高原明生氏は、西高サッカー部の中心メンバーで、西高サッカー部50周年記念誌」に寄稿されています。岡田信吉先生(シワちゃん)との触れ合いを次のように書いています。

「一番多くのことを教えてくれたのは、シワちゃんだった。

『高原くん、ボクの授業で何か悪いところはありませんか?』

『高原くん、試験のために勉強してはいけませんよ』

『人生の苦しみに比べれば、シートベルトが少々きつくても、なんてことはありません。』

先生の謙虚さと、生徒を思う心情の強さをいつの日か身につけるべく、

私も精進を重ねてゆきたいと思います」

当日11月23日は現役の杉並区民大会2回戦と重なりますが、是非、杉並公会堂へもお運びください。


2015年9月5日 OB・OG総会を開催。

総会出席者のみなさま。撮影者は設楽さん(59期)
総会出席者のみなさま。撮影者は設楽さん(59期)

 2015年度都立西高サッカー部OB・OG総会を、9月5日、開催しました。 今回から南波佐間監事による会計監査が実施され、2014年度決算承認、2015年度予算・活動方針などが原案通り承認されました。なお、決算期は3月から6月に変更します。 

 2年後の2017年に、創部70週年となります。そこで、70周年記念事業をどのようにするか、出席者から素晴らしい提言を頂きました。「是非、OB戦をして現役やOB間とのコミュニケーションを取りたい。」「多くの人が参加できるフットサルも楽しいのではないか」「各期連絡責任者を明確にし、名簿をさらに整備しOBOG間の交流を一層促進する」など。

 総会には、80歳代でサッカー現役の3期中島さんも出席されました。終了後有志で昼食をとりながら、懇親を深めました。

8月18日全国大会2回戦 PK戦で惜敗。

残り時間3分、パワープレーからMF福田が渾身のヘディングシュート。同点ゴール。
残り時間3分、パワープレーからMF福田が渾身のヘディングシュート。同点ゴール。

 全国高校サッカー選手権大会、東京都第1次予選第34ブロック第2回戦を、九段中等教育学校と対戦しました。●都立西2-2PK戦3-4 九段中等 で惜敗しました。

前半29分、右サイド攻撃から、ゴール前に走りこんだボランチ高良が先制点を挙げ、中盤を支配した西高が主導権を握り有利に進める。しかし何度も決定機を逃し追加点を奪えない展開。辛抱していた九段中等に後半22分、25分にアンラッキーな点を奪われる。逆転された西高はパワープレーを仕掛け、残り時間3分前に、MF福田の渾身のヘッドで同点に追いつく。両軍譲らずタイムアップ。PK戦もシーソーゲームとなったが、3-4で勝利の女神は九段に微笑えんだ。

 小倉主将たち68期は、この試合で引退する。最後まで全力をつくした姿は、応援する人々の共感を呼んだ。多くの感動をありがとう。

 詳細な全国大会の観戦記はこちら

 全国大会の写真集はこちらをご覧ください。(写真提供は68期父母会有志です)

8月16日全国大会予選初戦、4-0順天に快勝。

686970期の現役は、第94回全国高校サッカー選手権大会、東京都第1次予選

第34ブロック第1回戦を、私立順天と対戦しました。

〇都立西高4-0(前半1-0、後半3-0) 私立順天

中盤を制した西高が、組織的な攻撃を発揮し、快勝しました。

詳細な観戦記は、こちらをご覧ください。

メールアドレス登録されているOBOG会員には、観戦記を直接メール致します。

新1年生NFC70期が、19名入部。

 新1年生、NFC70期として、女子マネージャー1名を含め19名が入部し、仲間になりました。サッカー部OBを兄に持つ新入部員が、4人もいるそうです。70期の1年生19名に期待しましょう。(写真撮影は、寺田格郎氏(3期、名誉会長)です。)

光が丘に2-2、PK戦で惜敗。

 4月26日、快晴の都立保谷高校グランドで、高校総体東京都南支部1回戦が行われ、都立西高は、前半2-1、後半0-1、合計2-2。PK戦2-4で惜敗しました。

 西高は、前半12分3年生FW柴田直弥が先制点、24分2年生MF渡辺里空が2点目を挙げ主導権を握ったかに見えた。しかし中盤を制していた光りが丘が次第にチャンスを数多く作り、前半30分巧みなシュートで1点を返し前半終了。後半1分、西に負傷者が出たがプレーは続行され、光りが丘は同点に追いつく。激しい攻防を展開し、アディショナルタイム4分以上とられたが、2-2で笛が鳴り、直ちにPK戦に入る。春風が舞う中で、PK戦が行われ、2-4で及ばず、惜敗しました。(詳細な観戦記はこちら

応援する寺田氏(3期)と18期の山田氏橋本氏小安氏
応援する寺田氏(3期)と18期の山田氏橋本氏小安氏
2点目のMF渡辺里空を祝福するイレブン。
2点目のMF渡辺里空を祝福するイレブン。

西高PK成功の瞬間
西高PK成功の瞬間
小梁川恵太のPK成功を祝福するイレブン。
小梁川恵太のPK成功を祝福するイレブン。

試合終了後、一同整列し、小倉拓主将(右端)が、応援者(父母・OBOG・学友)へ御礼の挨拶を行う。
試合終了後、一同整列し、小倉拓主将(右端)が、応援者(父母・OBOG・学友)へ御礼の挨拶を行う。

祝 卒業 67期のみなさん

67期の入会オリエンテーションは郵送方式へ変更します

 オリエンテーションを下記のようにご案内していましたが、日程的に参加不可の方がおおいため、郵送方式に変更させていただきます。

 (当初予定)

 OB・OG会では、58期から毎年、卒業生を対象に、入会オリエンテーションを開催しています。今年は67期の卒業生を、ご招待します。

 開催日: 2015年4月4日(土)午前10時半~14時まで。

 場 所: 西高会館 2階 和室

 オリエンテーションの目的は、①卒業生が高校時代を振り返り、自分にとってサッカーライフとは何か。今後の人生にどう生かしていくか。後輩へ伝えることなどを同期の仲間や、OB・OGたちと語りあう。②都立西高サッカー部OB・OG会の活動を紹介し、OB・OG会へ入会し、名簿整備と会費入金を勧奨します。

オリエンテーションの式次第は例年次の通り。
1. 開会の辞 (会の趣旨説明)
2. 自己紹介 (現役・OB・OG)
3.  OB・OG会の説明
4. 入会申込書説明(会費納入のお願い)
5.  グループディスカッション(OB・OGも入る。テーマは上記①)
6. 会食  (ロケ弁人気No.1弁当を予約)
7. 卒業にあたって (卒業生全員の3分間スピーチ)
8. 参加者全員の集合写真
9. 全員で後片付け
 是非、67期全員のご参加をお願いします。 

大見頼一氏(44期)「選手の膝をケガから守る」を出版


 西高サッカー部44期の大見頼一氏は、現在「日本鋼管病院」の理学療法士として、数多くのスポーツ選手のケガ(特に十字靭帯損傷、ACL)から復帰への道を指導しています。  今般、一歩踏み込み、「ACL損傷が起こる前にスポーツ現場でできることはないか」との問題意識から「予防トレーニング」の実践的かつ体系的な本を出版されました。大見氏自身、西高1年に右ACL損傷、早稲田大2年に左ACL損傷の経験があり、理学療法士の道に進まれたとのことで、「選手の膝をケガから守る」気持ちが熱く伝わります。サッカーやバスケットボールにかぎらずスポーツ選手と指導者に、大見氏の「予防トレーニング」理論と実践的方法は、必見です。出版社は「ブックハウスHD」でアマゾンでも予約可能です。

 さらに、大見氏はこう語っています。「昨年より働きながら、なでしこジャパンでトレーナーを担当している早稲田大学広瀬准教授のもとで、スポーツ科学学術院博士課程に通っています。ここで、ACL再建手術後の再発予防研究をしています。」

サッカーを一生楽しむために、膝をケガから守り、ケガを克服し予防する方法を身に着けることは、スポーツマンとして、指導者として、必須事項ではないでしょうか。

ロイヤルサッカー2015に中島・香山先輩が出場予定

前回のロイヤルサッカーの中島(右)・香山(左)両先輩
前回のロイヤルサッカーの中島(右)・香山(左)両先輩

第9回ロイヤルサッカー(オーバー70)東西対抗戦の開催要領が発表され、都立西高OBの中島裕氏(3期、82歳)と香山晋氏(13期、71歳)がエントリーされました。開催要領は、2015年1月12日(祝)11時から14時半。会場は国立競技場が解体しますので、味の素フィールド西が丘です。

 最年長クラスの中島先輩は、第1試合にFWとして出場予定です。香山先輩は若手なので、4か5試合目だそうです。

 12日は全国高校サッカー選手権の決勝日ですが、西が丘も熱い戦いが展開されそうです。

 「健康保険・介護保険に頼らず、自立を基本に健康寿命を伸ばす我々高齢者の生活態度こそ、日本の社会保障制度改革の先陣を切ることになります。」と実行委員長の浅見俊雄氏は宣言しています。

 中島先輩は、11月26・27日に行われた第1回サミット全域サッカー大会に関東連合の一員として出場し、得点をあげ、関西と東海のチームに2勝し、活躍しています。

2015年1月12日(祝)11時から、味の素フィールド西が丘で開催予定。
ロイヤルサッカー2015の開催案内.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 368.4 KB

11月24日新人戦第3回戦 私立武蔵に惜敗

残念ながら、11月24日新人戦(第5地区)第3回戦は、
   ●都立西1-3私立武蔵(前半0-1、後半1-2)で敗戦しました。
やはり、中盤を支配する力が上回った私立武蔵が、得点機を多く掴んだことと、CKなどセットプレーでのマークの甘さをつかれ、失点を重ねたのが敗因。
しかし、タイムアップ寸前、西高は、渡辺の正確なCKから、長身SB池田暁の渾身のヘディングシュートで一矢を報いた。こうした執念を、次の高校総体へつなげていきたい。68期69期の新チームの成長に期待しています。  新人戦の観戦記はこちら。
なお、会場には大塚雅一先生(現在、田柄高校副校長)が見えていて、久しぶりに歓談することができました。
一方、Bチームで臨んだ杉並区民大会の3位決定戦は、
   ●都立西0-2日大二高の結果、昨年同様4位でした。
3試合の公式戦で掴んだものを、来春の大会へ結実していかれたい。
  (素晴らしい写真は、68期父母会有志の方の撮影によるものです)
武蔵戦、後半34分、渡辺の正確なCKに合わせたDF池田暁がヘディングで決め、一矢を報いる。(白が西高)
武蔵戦、後半34分、渡辺の正確なCKに合わせたDF池田暁がヘディングで決め、一矢を報いる。(白が西高)
得点の池田暁を祝福するイレブン
得点の池田暁を祝福するイレブン
いざ後半へ向かうイレブン
いざ後半へ向かうイレブン

11月23日に公式戦 3試合。

 Aチーム、新人戦・初戦突破。SHAは区民大会・準優勝。

前半25分、CK渡辺のキックの正確さと、長身CB大藪のヘディングの強さが生んだ2点目。(青が西高)
前半25分、CK渡辺のキックの正確さと、長身CB大藪のヘディングの強さが生んだ2点目。(青が西高)

 11月23日に西高サッカー部現役とOBの公式戦が3試合行われました。

①現役Bチームは、杉並区民大会準決勝に臨み、●西0-4国学院久我山と破れ、3位決定戦を11月24日9時40分下高井戸運動場で日大二高と対戦します。

②現役Aチームは、新人戦の初戦(第2回戦)に臨み、〇6-2都立杉並と快勝し、第3回戦は11月24日9時半私立武蔵で、私立武蔵と対戦します。

(得点者:前半19分渡辺、25分大藪、後半11分橋本、22分福田、29分大藪、36分中田)

③OBのSHA49ersは、杉並区民大会の決勝戦に臨み、●0-4三谷ロックに惜敗しましたが、見事に準優勝に輝きました。

 

40才以上のOBチームSHA49ersのメンバー。第67回杉並区民大会(シニアの部)準優勝
40才以上のOBチームSHA49ersのメンバー。第67回杉並区民大会(シニアの部)準優勝
賞状を受ける尾方OBOG会副会長(40期)
賞状を受ける尾方OBOG会副会長(40期)
記念ボールを受ける奥村英彦OBOG会理事(42期)
記念ボールを受ける奥村英彦OBOG会理事(42期)

11月16日杉並区民大会 初戦快勝 杉並学院を破る

2014年11月16日(日)杉並区民大会の第2回戦(1回戦シード)が、快晴の下高井戸運動場で行われました。68期と69期の都立西高チームは、1回戦で都立豊多摩を破った杉並学院に、前半1-0、後半1-0の合計2-0で快勝しました。前半9分、右サイド攻撃で、SB長山が折り返し、左MF富山がゴール正面上部へ、シュートを決め先制する。西高が試合の主導権を握り、優勢にすすめる。後半24分、MF森岡などの波状攻撃から、MF山本がゴール前で粘り、FW道川がプッシュし貴重なダメ押し点をあげる。GK中宮、CB山崎、CB所が杉並学院に決定機を作らせず、2-0で快勝した。

 杉並区民大会高校の部のトーナメント表はこちら

 準決勝は、11月23日(日)9時40分、下高井戸運動場で国学院久我山と対戦します。23日は、新人戦11時(会場=私立武蔵)と重なりますが、応援よろしくお願いします。

都大会 第2回戦 駒澤大学高校に0-7と完敗。ベスト32

 10月4日駒沢第2球技場、全国高校サッカー選手権東京都大会第2回戦は、都立西高0-7(前半0-2、後半0-5)駒澤大学高校。第1シード校に健闘及ばず完敗した。しかし、東京都のベスト32(都立校8校)に勝ち進み、67期の高校サッカーを締めくくった。数々の激闘を勝ち進み、大きな感動を与えた67期の諸君の栄誉を讃えたい。また、ご指導頂いています高橋先生、寺嶋先生、平山先生、加藤コーチ、北川先生、斎藤先生に感謝申し上げます。68期の2年生、69期の1年生は、この成果を活かし、次の目標を目指して、個人とチームのレベルアップに取り組まれたい。

  大会が終了しましたので、観戦記を再開します。写真集もご覧ください。

また、ウエッブサイトに西高サッカー部の記事が登場しました。

「高校サッカードットコム」東海大高輪台戦の観戦記はこちら

             駒澤大学高校戦の観戦記はこちら

「ゲキサカ」の駒澤大学高校戦はこちら

「ゲキサカ PHOTO NWES」 の西高選手個人写真はこちら

全国大会の都大会 初戦 東海大高輪台に2-1で逆転勝ち

都大会のプログラム
都大会のプログラム

錦織圭や柴崎岳、武藤嘉紀など若手が活躍していますが、我が西高サッカー部の67期、68期、69期の現役も大活躍しています。

 9月14日駒沢第2球技場で行われました、全国高校サッカー選手権東京都大会第1回戦、

〇都立西高2-1東海大高輪台

  逆転勝利を収めました。

(前半0-1、後半1-0、延長前半0-0、後半1-0

得点者、後半26分中野⇒鶴巻⇒服部。

  延長後半8分服部のFKが直接ゴール。

残暑の中、前後半40分、延長戦20分の大熱戦。Tリーグ2部の強豪校を、全員の粘りで、逆転勝ちを掴みました。

この結果、東京都ベスト32(うち都立8校)に勝ち残り、2校出場の全国大会へあと4つと迫りました。

第2回戦は、10月4日(土)10時、駒沢第2球技場で、第1シードの強豪、駒澤大学高校と対戦します。応援よろしくお願いします。

第93回全国高校サッカー選手権 東京都大会 トーナメント表9月15日現在.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 60.3 KB
勝利の報告、佐々木主将
勝利の報告、佐々木主将
父母有志が作成。「文武二道」の応援垂れ幕
父母有志が作成。「文武二道」の応援垂れ幕

試合前の公式写真
試合前の公式写真
左からOBの、小安18,寺田3,尾方40,設楽59,の各氏
左からOBの、小安18,寺田3,尾方40,設楽59,の各氏

勝利を喜ぶイレブン.mov
QuickTime ビデオフォーマット 1.3 MB

9月6日OB・OG総会で新役員5名が選出される

2014年度都立西高サッカー部OB・OG総会が、9月6日10時から西高会館2階会議室で開催されました。2013年度決算報告、2014年度事業計画と予算案が承認され、2014年度の新役員に、監事として26期南波佐間浩さん、理事として48期永井陽介さん、61期大山花さん、64期山崎光さん、65期菅原啓太さんが選出され、学生や女子マネージャー経験者が充実されました。また、18期小安亮会長、40期尾方一輝副会長、18期橋本明理事、20期渡辺彰理事、29期小野寺啓子理事、31期石黒徹理事、42期奥村英彦理事、59期設楽久志理事は留任されました。なお、8年理事を務めた、27期本橋信子さんは退任されました。

 小安会長より、西高サッカー部経験者という共通の熱い思いを持つOBOG1030名のネットワークを構築し、現役のサポートと、OB・OGの交流をより深めていきたいと、運営方針が語られました。総会の詳しい内容は「OB・OG会の紹介」をご覧ください。

B5決勝 八王子東を破り都大会進出決定

全国高校サッカー選手権東京都第1次予選B5ブロック決勝戦、都立西高は、PK戦を制し、春の高校総体に続き、見事に都大会進出を決めました。

 ○都立西 1-1(前半0-0,後半1-1,延長戦前半0-0後半0-0,PK戦4-1)都立八王子東


 夏合宿に3年生12名が残り、「絶対に都大会へ行くぞ」と燃えていた。体調が万全でない選手も多かったが、2年生、1年生が3年生を盛り立ててチームがまとまったことが、勝因であろう。67期の主力選手は、最近4大会で3度目の都大会であり、さらなる飛躍を期待したい。

 ご指導いただいています高橋先生、寺嶋先生、平山先生、加藤コーチに感謝します。精神面をフォローして頂いている北川先生、斎藤先生ありがとうございます。また、素晴らしい映像撮影は、父母会有志のご提供です。

追加情報:都大会の日程は、1回戦 9月14日(日)と15日(祝)、2回戦 10月4日(土)5日(日)に予定されています。

 

全国高校サッカー選手権東京都第1次予選Bブロック結果.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 89.2 KB
後半30分1年2年が粘って得たCKを3年コンビ服部の正確なキックにFW西田が執念のヘディングで同点とする。
後半30分1年2年が粘って得たCKを3年コンビ服部の正確なキックにFW西田が執念のヘディングで同点とする。
西高の守護神GK佐々木主将の闘志が、八王子東のキッカーを圧倒し勝利を呼び込む。
西高の守護神GK佐々木主将の闘志が、八王子東のキッカーを圧倒し勝利を呼び込む。
西高は4人目瀬川も着実に決め、PK戦を制し、都大会へ出場を果たす。
西高は4人目瀬川も着実に決め、PK戦を制し、都大会へ出場を果たす。

全国高校サッカー選手権 戸山に3-1 B5ブロック決勝へ

8月18日、大井ふ頭スポーツ公園において、全国高校サッカー選手権大会、東京都第1次予選の3回戦(準決勝)、都立西高は、3-1で快勝し、B5ブロックの決勝戦に勝ち進んだ。前半は1-1と戸山のスピーディな攻撃に悩まされたが、後半、ボール支配率の高さで中盤を制し、個人技を生かし、着実に得点を挙げ、チームプレーで守りきり、3-1と勝利を掴んだ。先制点は、FW西田がドリブル突破し豪快なシュート、勝ち越し点はMF服部のFKにDF池田がヘディング、ダメ押し点は、SB茂木の折り返しをMF鶴巻がプッシュと多彩な攻撃を展開した。

          

 

 



 

温故知新 「サッカー部50周年記念誌」をホームページに

       「サッカー部60周年記念CD」もホームページに

西高サッカー事始め1946年運動会
西高サッカー事始め1946年運動会

都立西高サッカー部は、1947年(昭和22年)に創部されました。創部50周年を期して、創部時のメンバーであった十中7期の土岐高史氏、西高2期の城戸昌夫氏、3期の寺田格郎氏(OB会長)がご尽力され、50期までの全ての期の方に寄稿を依頼し、1999年3月に、「西高サッカー部50周年記念誌」が自主出版されました。執筆者は、初代顧問の上島周蔵先生、星野五十夫先生、三浦史朗先生をはじめ、十中7期志村正二郎氏から、西高50期柳沢祥康氏まで約70名に及んでいます。
 敗戦直後の荒廃した、物資不足の時代に、我々の先輩たちは、サッカーに真剣に取り組み、どのようにして文武両道の都立西高サッカー部の伝統を築き上げていったのでしょうか?日本のサッカー、高校サッカーの歴史の一端を窺えます。また、高校時代の西高サッカーがその後の人生にどう関わったのか、先輩たちの貴重な経験に学びましょう。末尾には、活動記録(合宿など)や対外試合記録が収録されています。是非PDFをご一読ください。こちら50周年をご覧ください。また原本をご希望の方は、メールなどで小安までお申し出ください。(追記)西高サッカー部60周年記念CDもホームページに収録しました。写真を豊富に掲載しています。こちら60周年もご覧ください。

11月30日ロイヤルサッカー 国立で中島氏・香山氏大活躍

左71才香山氏、右81才中島氏
左71才香山氏、右81才中島氏

第8回ロイヤルサッカー(over 70才)東西対抗戦が、11月30日(土)国立競技場で開催され、都立西高サッカー部のOBである、中島裕さん(3期、81才)と香山晋さん(13期70才)のお二人が大活躍されました。(全国から192名が参加)お二人とも東京大学の超シニアチームの現役FW選手です。年齢と同じ背番号81の中島さんは、最高齢の「チーム1」の東軍センターフォワードとして、ビッグチャンス2度、惜しくもゴールならなかったことを、心底から悔しがっていました。しかし、軽やかな快走ぶりは、ひときわ目立っていました。70才香山さんは、初出場を最も若い「チーム6」の西軍MFとしてほぼフル出場。前半15分には、ゴール前でシュート態勢からスルーパスに切り替え、味方FWが決め、アシストを記録し、見事にデビュー戦を飾りました。

 詳細はこちらをご覧ください

 


NFC応援マフラー(保護者有志製作)
NFC応援マフラー(保護者有志製作)