**都立西高サッカー部OB・OG会ホームページへようこそ**

(「観戦記」を会員専用ページとし、パスワードを設定しています。

  管理責任者(小安会長)へのお問い合わせ(パスワードなど)は、こちら。

2023年12月24日、専大付属Bに快勝。(順位決定戦)

 2023年度NSリーグの順位決定戦が、12月24日午前、クリスマスイヴに西高グランドで行われた。2部リーグの16チーム中11位決定戦。西高対専大付属Bは、8-1で決着した。実力的には、さほど差はなく、お互いに敵陣ゴール前にカウンター攻撃をする。中盤の厚みを発揮した西高がチャンスを次々にものにした。前半3-1、後半5-0で結果は快勝した。後半にはベンチから多くの選手がピッチに立ち活躍する展開とした。気温4度の寒い中、応援した父母会のみなさまに、この上ないクリスマスプレゼントを77期78期のチームは贈った。

観戦記はこちら。(会員専用ページ)

12月8日、18期サッカー部とタッチ部の合同懇親会

2023年12月8日、18期のサッカー部とタッチフットボール部(現アメリカンフットボール部)が合同懇親会を開催し、旧交を温めました。部室が隣同士で仲が良かったスポーツマンが57年ぶりに懇親を深めた。来年第2回の開催を約束した。詳しくは、こちら

11月19日、新人戦第2回戦、東京立正に5-0で完勝。

2023年の新人戦第2回戦、西は、5-0(前半3-0、後半2-0)で完勝。見事に3回戦進出しました。初戦で5点を挙げた半面3点の反撃を受けた反省を生かし、最後まで集中を切らさず、完封勝利した。中盤陣の出足がよく、セカンドボールを回収し、波状攻撃を続けた。特に、2点目、3点目は、いずれも、好機には忠実にゴール前に走りこむ努力が実った得点であった。

次戦は、早稲田高等学院戦ですが、来年2月にスケジュールが組まれている。この間、反省点を洗い出し、個人の体力とスキルを向上し、チームとしてのパワーアップを図って臨む。緊張感ある実戦経験を積んだ成果を活かし、試合に生きる練習をチームで目指してほしい。

観戦記は、こちら。(会員専用ページ)

新人戦トーナメント表2023.11.19.pdf
PDFファイル 179.8 KB
試合前の審判のチェックを受けるイレブン
試合前の審判のチェックを受けるイレブン
勝利のランニング。保護者ベンチへ。
勝利のランニング。保護者ベンチへ。

保護者へ勝利の報告。
保護者へ勝利の報告。
保護者へ感謝の御礼。
保護者へ感謝の御礼。

11月12日新人戦第1回戦、大泉に5-3で快勝。

77期と78期、伊藤主将が率いる西高は、11月12日の初戦、大泉に5-3(前半3-1、後半2-2)で快勝しました。会場は人工芝の大泉高校グランド。FW松本琉生(77期)がハットトリック達成の3得点、FW森亮太郎(78期)が2得点と2トップが5点を取る。終盤反撃を受けたが、新ユニフォームでの公式戦初勝利を挙げた。第2回戦は、11月19日(日)9時半より東京立正と大泉高校で予定されています。

2023新人戦トーナメント表.pdf
PDFファイル 179.9 KB
先発メンバー
先発メンバー
得点後、胸を張って走るイレブン
得点後、胸を張って走るイレブン

勝利報告のため整列したイレブン
勝利報告のため整列したイレブン

8月26日全国大会第1回戦。0-2本郷に惜敗。

西高サッカー部は、826日、全国大会第1回戦、本郷高校と対戦し、前半0-0。後半0-2で惜敗しました。77期(2年生)と78期(1年生)の新チームが、本郷高校グランド、完全アウエーながら健闘し、前半を堅実な守備で互角に戦いました。後半24分と34分にカウンター攻撃により失点しました。2年生と1年生の新チームですので、これからの成長が期待できる試合内容でした。観戦記は、こちら。


試合後、父母会の応援に感謝するイレブン
試合後、父母会の応援に感謝するイレブン

8月26日全国大会第1回戦本郷戦に臨む。

2023.08.09NSリーグ日大二高戦
2023.08.09NSリーグ日大二高戦

 2023年8月26日(土)13時15分、西高サッカー部は、全国大会第1回戦、本郷高校と同校グランドで臨みます。77期2年生(7名)と78期1年生(12名)が小坂先生の指導の下、挑戦します。76期3年は、栁澤主将が最後の試合に臨みます。応援よろしくお願いします。マネージャーは78期3名です。

2023年5月14日リーグ戦。文大杉並に力、及ばず。

 2023514日、リーグ戦西高グランドで西高は、文大杉並と対戦し、前半04、後半1-2合計1-6で敗戦した。3年生76期の多くがこの試合で引退を表明している。ユニフォームは、伝統のサックスブルーを使用した。 

 雨の天気予報の中、多くの父母の応援者がおられました。幸い、試合中は曇天微風のコンディションで白熱した試合となる。地力に勝る文大杉並が中盤を支配し、シュートは的確で点差を広げられた。しかし西高は後半251点を返し意地をみせた。781年生3人が出場し活躍していた。78期は選手13人とマネージャー3人が入部し、早速戦力になっている。今後に期待したい。76期の多くは引退試合となった。おつかれさまでした。コロナ禍などで普通ではない部活動の三年間。これを乗り越えた経験を、今後に生かすことを期待しています。

観戦記は、こちら。(パスワードがわからない方は、上記管理者まで)

試合前、小坂先生を中心としたミーティング
試合前、小坂先生を中心としたミーティング
先発メンバー
先発メンバー

高校総体の観戦記

 コロナ対策のため3年間、公式戦は無観客試合でした。2023年4月の高校総体から観戦可能となりましたので、観戦記を復活しました。

 観戦記はこちら。なお、パスワードがわからない方は、上記の管理責任者へお問い合わせください。

2023年4月23日高校総体予選。中大杉並に惜敗。

2023423日、高校総体予選南支部、第一回戦。成城学園グランドで西高は、中大杉並と対戦し、前半00、後半03合計03で惜敗した。西高の先発は桺澤主将が率いる766名、775名の11名。さらに登録メンバーとして、772名、新一年生787名がベンチ入りした。

 試合は経験に優る中大杉並が中盤を制し、何度も好機を作る。しかし、GK栁澤、CB澤などDFリーダーたちがまとまり、前半40分を無失点で乗り切る。

後半西高は反撃に移る。しかし後半30分、中大杉並は素早いカウンターから、GK11。鮮やかなシュートが西高ネットを揺らす。残り10分で失点し、西高は夢を絶たれる。

 入学以来、コロナ禍で公式戦は全て無観客試合。この日初めて父母会は応援する機会を得た。成城学園グランドの応援席から、西高のチャンスの時、ピンチの時、大きな声援がこだました。

 

 12月下旬からチームの指揮を取る小坂雅之先生にとり、初の公式戦となった。新三年の76期の6人のうち、もし不完全燃焼と考える選手は、気持ちを切り替えて夏の全国大会に備えて頂きたい。新二年77期のメンバーは、怪我を克服しチームワークを鍛えて、リーグ戦、夏の大会に備えてください。78期一年生は、試合出場の可能性があり、レギュラーポジションを目指して基礎体力をつけ、切磋琢磨して頂きたい。

試合前の整列。
試合前の整列。
試合後、応援して頂いた父母に感謝の一礼。
試合後、応援して頂いた父母に感謝の一礼。
コロナ禍終了後初の応援をする父母たち。
コロナ禍終了後初の応援をする父母たち。

寺田名誉会長の卒寿(90歳)をグランドで祝う

 2023年1月に90歳を迎えられた3期寺田格郎名誉会長に、OBOG会から卒寿の祝いの花束贈呈が西高グランドで行われました。3月29日、卒業する75期の若手OB戦のグランドで、75期小島愛実マネージャーから卒寿祝いの花束が渡され、寺田名誉会長がにこやかに、いつもの歯切れのよい、ご挨拶をされました。

3月29日「NFC75期卒業記念若手OB戦」を開催.

2023.03.29    75期最後の集合写真。
2023.03.29 75期最後の集合写真。

38日、75期が卒業しました。コロナ禍でなかなかできなかった行事を再開します。

3月29日(水)NFC75期卒業記念・若手OB戦」を開催しました。

2023.03.17卒業した75期の仲間たちと指導してくださった横山先生  (三鷹大沢グランド)
2023.03.17卒業した75期の仲間たちと指導してくださった横山先生 (三鷹大沢グランド)

SHA49ersは、Sリーグ3位。(2022シーズンまとめ)

 谷監督から報告を頂きましたので転載します。詳しくは、こちら

■第15回Sリーグ 1部 最終結果■

SHA49ers  3位4勝1分2負(賞金20,000)

●1部最多得点賞:横澤9点(5,000)

 ※沓掛我謝9点ですが賞は年長者横澤が受賞

●1部最多アシスト賞:沓掛土肥4点

    アシスト2位:横澤・永井3点

優勝 沓掛        7勝

2位 オクトパス  5勝1分1負

3位 SHA49ers 4勝1分2負

4位 三谷Ellie       3勝1分3負 

5位 杉並四十雀  2勝1分4負

●参考●

第 9回Sリーグ 4位 横澤 最多得点賞

第10回Sリーグ 優勝

第11回Sリーグ 優勝  横澤 最多得点

第12回Sリーグ 優勝  横澤 最多得点賞

第13回Sリーグ 4位

第14回Sリーグ 3位  横澤 最多得点賞

             佐々木 最多アシスト賞 

第15回Sリーグ 3位  横澤 最多得点賞

■第75回杉並区民大会トーナメント1回戦

 ●0vs OFCシニア

■第27回杉並シニアサッカーリーグF組 

 ▲0ー1vsS4FC

 ◯3-1vsAFCシニア

 

 2022シーズンのまとめ

◆試合数10試合

◆5勝1分4敗

◆得点16失点16

◆得点者:(10)横澤 (2)滝口 (1)木ノ本.太田.鈴木貴.永井

◆アシスト:(3)鈴木陸.横澤.永井 (2)後藤.太田 (1)滝口.田邊

◆参加:(10)小川 (9)尾方.鈴木陸.横澤 (8)鈴木貴.滝口.中村志. (7)梶本.

手塚 (6)太田.後藤.杉本.山本 (5)(4)木ノ本.田邊.藤岡.田窪 (3)緒形.

.沼田 (2)久保 (1)奥村.佐々木.永井.松下 

75期卒業おめでとう

 2023年3月8日、晴天のもと都立西高75期の卒業式が挙行され、サッカー部員16名も卒業しました。入学式から卒業式まで、コロナ禍の中の3年間でした。しかし、無観客試合が続く中でも、自主的にトレーニングを積み、見事なチームワークを発揮していった。サッカー部活動を通じて自己研鑽し、逞しい若者に成長した。

 75期のみんさん、卒業おめでとう!

    (75期卒業おめでとうのページは、こちら

75期16名と横山先生。
75期16名と横山先生。
卒業式のあと、父母会の方に感謝し三年間を振り返る。
卒業式のあと、父母会の方に感謝し三年間を振り返る。

SHA49ers 2022シーズン戦績

2023.2.25谷監督からの報告を転載します。

SHA49ers 2022シーズン 戦績

■第15回Sリーグ■

4勝1分2敗 得点13 失点11 第3位(未確定)

 第1戦 2-2 vs オクトパス

 第2戦 3-1 vs 杉並四十雀SC

 第3戦 2-1 vs FCマーズ40

 第4戦 0ー2 vs三谷ASChako

 第5戦 vs高井戸東SC

 第6戦 0-4 vs沓掛

 最終戦 vs三谷Ellie

■第75回杉並区民大会トーナメント1回戦

 ●0vs OFCシニア

■第27回杉並シニアサッカーリーグF組

 ▲0ー1vsS4FC

 ◯3-1vsAFCシニア

 

 2022シーズンのまとめ

◆試合数10試合

◆5勝1分4敗

◆得点16失点16

◆得点者:(10)横澤 (2)滝口 (1)木ノ本.太田.鈴木貴.永井

◆アシスト:(3)鈴木陸.横澤.永井 (2)後藤.太田 (1)滝口.田邊

◆参加:(10)小川 (9)尾方.鈴木陸.横澤 (8)鈴木貴.滝口.中村志. (7)梶本.

手塚 (6)太田.後藤.杉本.山本 (5)(4)木ノ本.田邊.藤岡.田窪 (3)緒形.

 

.沼田 (2)久保 (1)奥村.佐々木.永井.松下 

  SHA49ersのページは、こちら。

12月17日の創部75周年行事は延期します。

 メールアドレス登録者へご案内していました12月17日の行事を、延期します。

コロナ禍の第八波による医療崩壊の懸念や、現役高校生を招待しての公式行事のリスクを考え、OBOG会理事会の総意で、コロナ禍が鎮静化するまで、延期を決定しました。

 なにとぞ、ご理解を賜るようお願い申し上げます。

2022年OBOG総会、役員改選で新理事誕生。

 2022年9月24日の総会で、横山先生、現役の75期宇多村主将、76期の栁澤主将が出席し、「チーム西高」で現役をバックアップすることが議論されました。12月17日の創部75周年行事の計画を検討しました。また2年に一度の役員改選があり、新体制が決定しました。

新役員は、20期渡部誠さん、67期岸凛大郎さん、72期須藤豪志さん、73期永瀬健翔さん、74期高瀬颯太さんです。学生コーチは、70期西原壮太さんから受け継がれています。現在の学生コーチの須藤さん、永瀬さん、高瀬さんにも理事に加わって頂き、現役の強化、現役とのパイプを強化していきたいと考えています。さらに建設的な意見を持っている67期岸さんの加入も楽しみです。退任は、20期渡辺彰さん、65期菅原啓太さんです。長い間ご尽力頂きありがとうございました。なお、全議案原案どおり承認されました。Zoomで遠隔地の元理事59期設楽さんなどが参加し旧交を温めることもできました。くわしくはこちら。

Zoom参加者と集合写真。
Zoom参加者と集合写真。
現役の75期宇多村主将、76期栁澤主将も参加。
現役の75期宇多村主将、76期栁澤主将も参加。

ユースリーグ2部で第四商業と保谷Bを撃破し勝ち点7へ

 西高は、地区ユースリーグ(旧NSリーグ)2部、8月30日現在、勝ち点7を挙げ、活躍している。8月27日に、第四商業を1-0で破り初勝利を挙げる。8月30日に、保谷Bを6-0で2連勝。上位の杉並学院Aと0-0で引き分けなどこれまでの4戦で勝ち点7は、2部昇格2年度で上位進出へ向け大きく前進した。75期76期77期のチームは着実に力をつけている。

2022年8月30日地区ユースリーグ2部 保谷B戦後の晴れやかな全員写真。
2022年8月30日地区ユースリーグ2部 保谷B戦後の晴れやかな全員写真。
2022.08.30保谷B戦の先発メンバー
2022.08.30保谷B戦の先発メンバー
2022.08.27第四商業戦に勝利した75期76期77期の西高チーム
2022.08.27第四商業戦に勝利した75期76期77期の西高チーム
75期の四人。左から塚田、宇多村、福原、中谷。
75期の四人。左から塚田、宇多村、福原、中谷。
勝利の笛を聴き整列するイレブン。
勝利の笛を聴き整列するイレブン。

8月28日「OBと現役の交流会」67期西田さん岸さんが熱弁

 現役が聞きたいことを、若手OBが経験を交えて話し合う「西高サッカー部OBと現役の交流会」を8月28日南校舎2階会議室で開催した。横山先生の要望を小安会長が実現した初の試み。現役時代、都大会3回出場の素晴らしい戦績を誇る67期は文武二道を高いレベルで実現した。西田将さんは、攻撃的MFの名プレーヤー。卒業後ドイツの大学で経済学を学び、現在商社マンとして3年目。岸凜大郎さんは、ガッツでレギュラーを掴み、運動会実行委員長を両立しリーダーシップを発揮した。東京大に進み学生のリーダーをつとめ、通商産業省の三年目である。生徒は普段聞きたいことをどんどん質問した。岸さんは、部誌をつけ「考えを紙に落とす」記録し分析しステップアップすることの重要性を語った。サッカーではやり切ったと思うまでやるべきである。サッカー以外の悩み、進路決定の問題、なぜ海外留学をめざしたか?ドイツの学生生活は?なせ商社マンとなろうとしたか?なぜ官僚を目指したのか?。。。。時に爆笑もあり、和やかに真剣に語り合った2時間であった。

最後に、寺田名誉会長のお話も伺った。

現役からは、とても有意義な機会を頂いたとの大きな反響があった。

横山先生は、もっとOB・OGの経験や社会人としての生き方などの話を現役に聞かせたいと考えています。今後も、第二弾、第三弾を企画しますので、OBOGのみなさん、ご協力お願いします。

2022.08.28「OBと現役の交流会」67期西田さんと岸さんを囲んで
2022.08.28「OBと現役の交流会」67期西田さんと岸さんを囲んで
67期西田将さんと岸大郎さん
67期西田将さんと岸大郎さん
真剣な眼差しの現役
真剣な眼差しの現役

休憩時間まで、現役の質問が殺到。
休憩時間まで、現役の質問が殺到。
最後に、寺田名誉会長(89歳)はかくしゃくとされ、現役に熱く語る。
最後に、寺田名誉会長(89歳)はかくしゃくとされ、現役に熱く語る。

8月20日練習試合、宝仙学園に5-0で快勝。

2022.0820先発メンバー
2022.0820先発メンバー

 西高Aチーム5-0宝仙学園A(前半2-0,後半3-0)、西高Bチーム2-0宝仙学園。

 現役は全国大会初戦(早稲田高等学院戦)に向けて、練習試合を重ねている。75期3年生は、主将宇多村、部長塚田、副将中谷、副部長福原の4名が残り、76期GK栁澤や77期1年生と新チームを結成している。1年生は9名と少数ながら素質豊かな選手が、レギュラーとして頭角を現している。3月に宝仙と対戦した時、2-0と勝利したが内容はほぼ互角であったので成長が伺われる。今回は、1年生FW松本が4得点したり、練習を重ねているコーナーキックからの得点も生まれた。コロナ禍、公式戦は無観客など制約が多い中、現役選手は、レベルアップに励んでします。学生コーチとして、72期GK須藤豪士さん、73期主将永瀬健翔さんがよく指導しています。


学生コーチ2名が卒業し、2022年の新体制へ。

 2019年4月から3年間学生コーチとしてご指導頂いていた野神摩周(神代高校卒)さんと、2019年10月から2年半、学生コーチ(特にGKコーチ)としてご指導頂いていた70期西原壮太さんが、2022年3月大学ご卒業・ご就職のため、退任されました。お二人とも横山先生の片腕として、現役西高生に慕われていました。ご指導ありがとうございました。

 後任としして、2021年4月から72期須藤豪士さん、2022年3月から73期永瀬健翔さんが学生コーチとして横山先生を補佐しています。是非、学生コーチとして現役を指導できる方は、いつでも西高グランドへお運びください。大歓迎です。

SHA49ersが新メンバー募集中

■■SHA49ers参加募集■■

SHA49ers:西高サッカー部40歳以上のOBチーム(54期までの方、55期の誕生日の方)

※現在の参加メンバー:40(4349)14/50(4240)13/60代登録多数

◆参加リーグ&大会

SHA49ersは、杉並在住・在勤にかかわらず、西高サッカー部OBであれば新規メンバー登録参加が可能です。

   ①Sリーグ:杉並区在住&在勤40歳以上を中心としたメンバーチームによる1部2部計16チームによるリーグ戦

  ②杉並シニアリーグ:杉並区サッカー連盟が主宰する5月頃に開催の40歳以上の大会(予選リーグ+決勝トーナメント)

  ③杉並区民大会(シニア40歳以上の部):杉並区サッカー連盟が主宰する秋開催の大会

※試合は、日祭日。月1~2試合。井草森公園グランド、下高井戸グランド等。

※登録参加は随時OK

◆問い合わせ&参加連絡

31期 

090-6507-5587

tanimasashi@t.vodafone.ne.jp

また、本ホームページのSHA49ersのページはこちら。

2022.01.04新春初蹴りOB戦を開催。

1月4日に都立西高サッカー部新春初蹴りOB戦をOBOG会が主催した。67期から72期の若手OBなど27名が参加。現役は75期2年生、76期1年生が参加。西高グランドで現役とOBがサッカーで交流し盛り上がる。優勝チーム賞、MVP賞、best offense賞、best defense賞、敢闘賞などをOBOG会から用意し士気を高める。好プレー、ゴラッソ(素晴らしいシュート)がいくつも決まり熱戦が続く。OB2チーム.現役2チームのリーグ戦は、現役Aチームが3戦全勝で優勝する。東京帰省中の参加メンバーから来年も是非開催してくださいとの声が出る。89歳になる寺田格郎名誉会長が温かく見守っておられました。

2021.1127 ハイブリッドOBOG総会開催。

 コロナ禍のため、西高会館のリアルとzoomのオンラインとを組み合わせたハイブリッド総会を2021.11.27(土)開催しました。おかげさまで、決算・予算・現役のサポート体制強化など全議案が了承されました。

 来年2022年は、1947年から創部75年になります。従来50周年60周年65周年70周年と開催しています。OB戦を行い、懇親会を現役とととに祝いたいと存じます。実行委員を会長が指名し来年から活動します。

筑波大駒場戦の写真集

 会員専用ページの観戦記に、高校総体および練習の写真を数多く収録しました。

是非、ご覧ください。会員でパスワードがわからない方は上記にメールしてください。

2021高校総体、第2回戦、大東学園に惜敗。

 4月29日、雨の降りしきる中、高校総体南支部予選、第2回戦を大東学園と戦い、2-4で惜敗しました。

 都立西●2-4(前半0-3,後半2-1)。得点者:梅本、春原。

無観客のため、OBOG会長も観戦不可。そのため、現役からの報告から記載します。

このブロックのシード校、大東学園が流石に強く、開始早々から攻勢をかけ前半で3点を先制する。西高は、最後まで諦めず、ラスト5分からコーナーキックを足場に、梅本が押し込み、さらにコーナーキックからクロスを上げなおし春原が押し込む。最後まで諦めない西高の意地をみせた。

 この高校総体予選で、多くの74期はラストゲームとなりますが、最後までチームワークを発揮した。雨中の激戦は、74期のメンバーの記憶に残るでしょう。

 なお、現役のレポートは、観戦記に転載します。(会員専用です。パスワードの照会は上記参照)

 

20210429高校総体南支部予選.pdf
PDFファイル 55.2 KB

2021高校総体南支部予選1回戦、筑駒に勝利

2021.04.25 筑波大駒場に勝利し笑顔のイレブン。74期3年全員、75期の登録メンバー、横山先生、西原コーチ。
2021.04.25 筑波大駒場に勝利し笑顔のイレブン。74期3年全員、75期の登録メンバー、横山先生、西原コーチ。

 コロナ禍、開催自体が危ぶまれていましたが、4月25日、高校総体南支部予選が、無観客などのコロナ対策を条件として開幕しました。74期75期の西高チームは、見事、筑波大駒場に3-2で勝利し、2回戦に勝ち進みました。西高は筑駒に2度先行されましたが、2度追いつき、終了5分前に決勝点を挙げ逆転勝ちしました。チームワークの勝利です。

都立西〇 3-2筑波大駒場。得点者:野澤、山田、春原。

現役選手による観戦記は、こちら

 2回戦は、4月29日、大東学園戦です。

下記写真は、4月24日に練習後、撮影した74期75期76期の全員写真です。

2021.4.24 現役74期75期76期 (三鷹市大沢総合グランドにて)
2021.4.24 現役74期75期76期 (三鷹市大沢総合グランドにて)

全国大会予選、初戦、東亜学園に敗戦。

 2020年9月6日、第90回全国高校サッカー選手権大会、東京都予選第5地区、第1回戦が、大泉高校グランドで無観客試合で行われた。西高は、Ⅰ-4(前半0-3,後半1-1)で東亜学園に敗れました。全員3年生の東亜学園に対し、西高は、73期3年は平山1名、74期75期が主体のチーム。試合巧者の東亜学園は、先制攻撃が鋭く、主導権を握る。西高は、後半に入り、互角の試合展開に持ち込む。ボランチ山田を起点に、春原からの絶妙なパスをFW西原がゴールし、意地を見せる。(無観客試合であり、観戦記はありません)

 11月の新人戦は、2年1年同士の戦いであり、成長を期待したい。 

寺嶋求先生がご退職。

ユーモアと厳しさの寺嶋先生
ユーモアと厳しさの寺嶋先生

コロナ禍で、卒業式や、入学式、さらには、部活動が大きく制約されています。

2010年から10年間、サッカー部をご指導頂きました、寺嶋求先生が、今春ご退職されました。ユーモアと厳しさを兼ね備え、生徒に慕われました。OBOGとも気軽にご交流させて頂きました。おつかれさまでした。ご指導ありがとうございました。

また、2019年から1年でしたが、黒澤義先生も、ご退職されました。ご指導ありがとうございました。

59期加藤裕氏(J2鹿児島フィジカルコーチ)が現役指導

加藤裕コーチ(鹿児島ユナイテッド)
加藤裕コーチ(鹿児島ユナイテッド)
2019.12.24現役に指導する加藤裕コーチ
2019.12.24現役に指導する加藤裕コーチ


2019.12.26立川高校戦にて。左から小安会長、田中康之先生、加藤裕コーチ、尾方副会長
2019.12.26立川高校戦にて。左から小安会長、田中康之先生、加藤裕コーチ、尾方副会長

 現在、Jリーグの鹿児島ユナイテッド所属、プロのフィジカルコーチとして活躍している加藤裕コーチ(NFC59期)が、73期74期の現役を、12月24日から3日間指導して頂きました。24日は、下落合のグランドで実戦的な練習方法を伝授、25日は、西高会館でトレーニング法のレクチャー、26日は、尾方副会長のアレンジで、元西高顧問の田中康之先生の立川高校と練習試合。選手からの個人的な質問にも一人一人応えて頂きました。選手からは、「分かりやすく、とても楽しかった」との声。されに、2003年から2009年まで顧問をされた田中康之先生からも、旧交を温めながら、選手の自主性を重んじるチーム作りなど貴重なお話を伺うことができました。田中先生、加藤裕コーチありがとうございました。

NFC13期香山晋氏が「2020Robert Noyce賞」を受賞。

 長年、半導体業界で功績のあった人に贈られるIEEE「 2020 Robert Noyce賞」を、東芝で半導体事業を率いた香山晋氏が受賞しました。YAHOOニュースの記事はこちら。1943年2月23日生まれの香山氏は、13期西高サッカー部、東大サッカー部で名FWとして鳴らし、70歳以上のロイヤルサッカーでも活躍されています。活躍ぶりはこちら

62期の卒業時のオリエンテーションでは、ご講演を頂きました。(下記写真)

2013年旧国立で開催されたロイヤルサッカーにて
2013年旧国立で開催されたロイヤルサッカーにて
2013年、得点し意気揚々と走る香山氏
2013年、得点し意気揚々と走る香山氏

新人戦、初戦、2-0で東大付属に快勝

 2019年11月17日、73期74期のチームは、新人戦第1回戦を見事に突破しました。

〇西高2-0東大付属(前半1-0、後半1-0)得点者:木許、兼杉。

 開始早々のチャンスをCB木許がヘディングを決め、主導権をとる。何度も得点機を作るが、追加点を奪えない。しかし、試合終了直前に、MF兼杉がシュートを決め、2点差としてタイムアップ。初戦を突破しました。(小安は会場に行けず観戦記は、ありません。)

第2回戦は、11月23日、14:15、私立武蔵グランドで日大二高と対戦します。日大二高は、今年度全国大会予選で都大会進出の強豪です。

10月15日以降、西高グランドは改修のため使えず、練習場の確保に四苦八苦している状況の中、選手は健闘しています。是非、応援よろしくお願いいたします。

現役、杉並区民大会、第1回戦、杉並学院に1-0勝利。

寺田氏(3)南波佐間氏(26)小安氏(18)
寺田氏(3)南波佐間氏(26)小安氏(18)
試合前の整列白が西高イレブン)
試合前の整列白が西高イレブン)

 2019年10月27日、下高井戸運動場で、杉並区民大会(高校の部)の第1回戦が行われ、西高は、杉並学院と接戦の末、見事にSB宮城の決勝ゴールで勝ち抜きました。

〇西高1-0(前半0-0、後半1-0)得点者:宮城麟次郎。アシスト、永瀬健翔。

 本大会は、育成的見地から、各チームが、試合経験の少ない選手を多く出場させている。このメンバーで勝利を経験した意義は大きい。

観戦記は、こちら。

第2回戦は、11月3日(日)9:40上井草スポーツセンターで豊多摩戦です。

2019年10月5日、OBOG総会、開催。

 2019年10月5日、西高会館で、OBOG会の総会が開催され、2019年度の活動方針を検討し、決算および事業計画と予算が承認されました。

 横山義治先生が今春、顧問に就任され、現役強化のため「チーム西高」(現役+顧問+父母会+OBOG)を提案されております。OBOG会として、現役サポートを強化する取り組みを、本総会で討議し、活動方針と予算が決議されました。

 具体的には、学生OBコーチの選定、(第1号として、70期西原壮太さんがGKコーチとして、10月から活動します)学生OBで現役の指導に興味のある方は、小安会長までお申し出ください。また、現役マネージャーとOGマネージャーが親しく女子マネ会を開催します。

スポーツ医学セミナーに現役13名が参加。


 2019年8月17日、日本整形外科スポーツ医学会主催の「第19回市民・学生のためのスポーツ医学セミナー」に現役73期3名、74期10名、合計13名が参加しました。OBの59期山口純さん(慈恵医大整形外科卒、現在北海道大)からの情報提供により、現役が実践的に役立つ、怪我をしないトレーニング方法などを具体的に学び、「森保Japanのチームドクター加藤晴康教授」から最新の興味深い話を聴く機会を頂きました。現役から積極的に質問が出され、「早速明日からの練習に生かしていきたい」と、横山先生が感謝していました。

スポーツ医学セミナー慈恵医大.pdf
PDFファイル 4.1 MB

全国大会初戦、新チームは城東に敗北。

試合前、大会主催者による公式撮影。
試合前、大会主催者による公式撮影。
試合後のミーティング
試合後のミーティング

2019年全国大会東京都大会1次予選、初戦は、大型の台風10号が接近する葛飾区立水元総合スポーツセンターで開催され、●都立西1-6都立城東(前半1-2、後半0-4)で敗北した。西高は、73期・74期で2年生と1年生の新チーム。城東は、春の高校総体予選で都大会へ進出した3年主体の実力校。前半は、佐藤日向の同点弾などにより、互角の展開。しかし、試合巧者の城東は、後半開始2分、6分に試合を決する攻勢により、勝利を手繰り寄せた。

 西高は、公式戦が初めての若いチーム。練習試合を重ねて、急速に力をつけてきたが、実績があるチームに厳しさを学んだ形。熱意ある横山先生、寺嶋先生の指導の下、11月の新人戦に向かって、NSリーグをこなし、着実なチーム力向上を期待したい。

観戦記は、こちら。父母有志による写真集は、こちら

菅平高原で夏合宿。OBが激励。

 2019年7月28日から8月1日、菅平高原、奥ダボス・グランヴィリオロッヂにて、73期74期が横山先生・黒澤先生・野神コーチの指導で合宿を行いました。29日に、OBOG会から小安会長と尾方副会長が激励訪問しました。当日、午後は、日比谷高校との練習試合が行われ、西2-0で勝利しました。日比谷高校に着任されている津野田先生と平山先生と交流を深めました。天然芝の専用グランドを持つ宿泊施設は、素晴らしい環境です。

 8月14日10時、全国大会初戦、都立城東戦が水元総合スポーツセンターで行われます。ぜひ、応援よろしくお願いします。

左から野神コーチ、横山先生、黒澤先生。
左から野神コーチ、横山先生、黒澤先生。
74期幹部、金杉、永瀬、宮城、高柳。
74期幹部、金杉、永瀬、宮城、高柳。

左から尾方副会長、平山先生津野田先生、小安会長
左から尾方副会長、平山先生津野田先生、小安会長
尾方副会長の指導
尾方副会長の指導

ホームカミングデーOB戦と懇親会を開催。

2019.07.20ホームカミングデーOB戦、OBと現役73期・74期
2019.07.20ホームカミングデーOB戦、OBと現役73期・74期

 2019年7月20日(土)ホームカミングデーでのOB戦と懇親会を開催しました。同窓会行事の第6回ホームカミングデーに合わせて、西高グランドで、現役とのOB戦を実施。OBチームが18名(うちSHA49ersから7名)、現役73期2年生17名が選手登録し、8人制でOB2チーム、現役2チームでリーグ戦6試合と、最後に、OB選抜対現役選抜。リーグ戦は現役チームが優勝。選抜戦は、OBチームが意地を見せ2-1で現役に一矢を報いました。MVP賞は、2得点の太田玄(47期)、得点者は、日浦智史(63期)、伊東明文(69期)、渡辺里空(69期)、現役73期では、安富徹2点、永瀬健翔、佐藤日向、木許俊哉、兼杉拓実、平山陸央、優秀DF賞手塚慶太(45期)、優秀GK賞鍜原俊吾(73期)が獲得しました。

 懇親会は第一特別教室で、崎陽軒の弁当を全員で食べ、表彰式、スピーチ、グループディスカッションを行う。スピーチでは、寺田名誉会長(3期)が「人間関係の構築が大切です。」横山義治先生からは、「OBを含めたチーム西高で都大会出場を目指したい」と熱いメッセージ。尾方副会長(40期)から尊敬している西高の先輩と技術的講評、SHA49ers監督の谷雅史(31期)が、西高OBで結成している40才以上のシニアチームSHA49ersへの加入を呼びかけました。小安会長(18期)は、「OBOG会活動は、今の自分の基礎を形成した西高サッカー部時代3年間に対する"恩返し"である」などスピーチがありました。最後に、永瀬健翔主将が、OBOGに感謝の言葉を述べ、三三七拍子の音頭を取り、楽しい交流の場となった懇親会を締めました。

2019.7.20ホームカミングデーOB戦 参加OB
2019.7.20ホームカミングデーOB戦 参加OB
OBの攻撃、GK鍜原と1対1へ。
OBの攻撃、GK鍜原と1対1へ。
左から荒張7期、寺田3期、小安18期、石黒31期。
左から荒張7期、寺田3期、小安18期、石黒31期。

高校総体初戦、PK戦で惜敗。

 2019年4月21日、高校総体東京都予選南支部第1回戦、西は野津田高校グランドで日本工業大駒場と対戦し、0-0、PK戦5-6で惜敗しました。

 ゲーム展開は、西高が主導権を握り、中盤から分厚い攻撃を仕掛けました。しかし、ゴールに恵まれず、0-0スコアレスドロー。直ちにPK戦に入り、互角の展開でしたが、5-6で惜しくも二回戦進出はなりませんでした。久田主将須藤部長を中心とした72期の多くはこのゲームでピッチを去る。72期の諸君、多くの感動を与えてくれ、ありがとう。

 この試合から、寺嶋先生に加え、横山義治先生が指導に当たりました。よろしくお願いします。

 先発:GK鍜原、DF田中、久保田、堀内、MF佐瀬、大熊、久田、永瀬、小島、FW今本、北村。交代出場:橘田、GK藤岡。登録選手:GK須藤、DF高柳、櫻井浩、MF谷口、宮城、櫻井颯、兼杉、向笠、FW佐藤、三戸。

 (なお、この試合に、小安が伺えなかったため、観戦記はありません。

  父母会有志が撮影した写真集は、こちら

72期と73期高校総体2019.04.21
72期と73期高校総体2019.04.21

2019年4月横山義治先生がサッカー部顧問にご就任。

2014年から5年間ご指導しただき、今春、日比谷高校へ転任された平山大先生の後任として、横山義治先生がサッカー部顧問にご就任されました。横山先生は、英語科を担当され、前任地の都立神代高校でもサッカー部顧問をされています。寺嶋先生とともに、横山先生のご指導に期待したいと思います。

SHA49ersメンバーが3連覇祝勝会を開催。

 2019年2月8日、Sリーグで見事に3連覇を達成したSHA49ersのメンバーが、祝勝会を開催しました。会場は、優勝メンバー中村志郎氏(42期)が経営する目黒「シバフ」。南波佐間浩総監督以下15名が参加し、シニアの意気軒高ぶりを発揮しました。Sリーグでの得点王は、7点の横澤宏一郎氏(43期)で2年連続。2位は、後藤雅彦氏(45期)(4点)、3位は木ノ本氏(3点)と上位を独占。アシスト王は、中村志郎氏、同点で木ノ本氏とこちらも上位を独占しました。OB会長の小安亮氏(18期)と、紅一点、今年からマネージャーの小川裕子(旧姓宮武)(45期)さんも会場に駆けつけました。

SHA49ersが、第12回Sリーグで3連覇達成。

 2019年1月13日(日)西高OB中心ののシニアチーム(40才以上)SHA49ersは、第12回Sリーグの最終戦を終え、4勝1分1敗で、優勝し、見事に3連覇を達成しました。

 第1回戦 2017年12月24日、〇1-0 vs 三谷AS.Ellie

   第2回戦 2018年  2月18日、〇 5-0  vs高井戸FC

   第3回戦   2018年 3月18日、〇5-0 VS荻窪レッドビーズ

 第4回戦 2018年 7月22日、〇2-1 vsオクトパス

 第5回戦 2018年 8月19日、●2-3 vs三谷AS.Chako 

   最終戦  2019年 1月13日、△1-1 vs杉並四十雀  4勝1分1敗で優勝。

参加メンバー:安藤、石橋、尾方、岡、角井、小川俊、木ノ本、後藤、杉本、鈴木貴、滝口、谷、手塚、中村志、野崎、花岡、宮崎、山本直、横澤。など。

おめでとうございます。

  40歳以上のシニアが条件です。今年から、1979年生まれ49期以前の方が参加できます。

ご希望の方は、31期谷雅史さんか、小安までへお問い合わせください。

西高サッカー部創部70周年行事に110名が参加

 2017年12月9日、OB・OG69名、顧問・現役41名の110名が参加し、西高サッカー部創部70周年行事を行いました。12時より、西高グランドで、フットサルOB戦(実際はハーフコートの8人制サッカー)、西高会館に移動し、15時より44期大見頼一氏の講演「ケガを予防するトレーニング」、全員で記念写真、1階食堂でノンアルコールでの懇親パーティを行いました。OBOG同士は勿論、OBOGと現役が親しく懇談し、西高サッカー部70年の伝統を共有し、力強く創部75周年へ向かって出発しました。特集の写真はこちら

 

NFC応援マフラー(保護者有志製作)
NFC応援マフラー(保護者有志製作)