第1回戦 小平南戦の観戦記

 

97回全国高校サッカー選手権大会 東京都大会第1次予選 第24ブロック

 

1 回戦 ●都立西 0-1 都立小平南 (前半0-0、後半01  

 

会場:桐朋学園高校グランド。 天候:曇天、微風のコンディション。

 

40分ハーフ(給水タイムあり)。西高は赤レンガ色のユニフォーム。濃紺のパンツ。

 

先発は、71期3年4名、7225名、73期1年2名。登録20人のうち 1 年は 4 名。

 

GK 鍛原綾吾(73)、CB 古水戸直哉(71)、久保田拓郎(72)、長尾璃人(71)、

 

ボランチ小澤卓也(71)、ボランチ久田大和(72)、右MF佐瀬功平(72)、左MF永瀬健翔(73

 

トップ下小島侑平(72)、  CF福渡渓太(72)、今本𠮷治(72

 

選手登録:GK須藤豪士(72)DF櫻井浩(72)、谷口海斗(72)、堀内聡太(72)

 

MF北村啓(72)、田中翔太郎(72)、橘田亮佑(72)、宮城麟次郎(73)、久保直輝(73

 

(ただし、選手交代はなかった)

 

フォーメーションは、3バック、2ボランチ、2トップ、 攻撃的な布陣である。

 

主将久田、部長須藤、副主将佐瀬、副部長橘田、マネージャー中村文香、有我紀子。

 

前半

 

0 分、風上の西高のキックオフ。

 

1分、ボランチ久田が組み立てFW福渡へのパスを通す。

 

2分、小平南の出足が良く、西ゴール前で競り合う。

 

3分、FW福渡が起点となり、FW今本MF小島など周囲の選手を生かすボール捌き。

 

(福渡は、昨年1123日の試合中、膝十字靭帯切断の大怪我をし、本日が復帰第一戦)

 

5分、小平南の右サイド突破が脅威。折り返しが西ゴール前に迫る。

 

6分、CB古水戸が積極的に逆襲の縦パスを狙う。

 

8分、ボランチ小澤が起点となり、トップの福渡、今本までつながるようになる。

 

10分、小平南が初シュート、右へ外れる。

 

11分、GK鍛原のドロップキックをFW福渡がヘッドで捌き展開し、右CKを獲得する。

 

  右CKを左利きのMF永瀬がゴールへ迫るボールを蹴る。

 

13分、右サイドのMF佐瀬がしばしば縦の突破を図る。

 

スローインから福渡はヘッドでゴールに迫る。

 

15分、16分と連続して、小平南が右CKで西ゴールを襲う。CB陣がヘッドで跳ね返す。

 

17分、西のFKを久保田が蹴り佐瀬、今本、福渡、小島が何度かゴールへ迫る。

 

   ただし、両チームとも、決定機をつくれず。

 

22分、給水タイムを主審がとる。猛暑のため約4分。

 

24分、西が積極的にシュートをより意識した攻めに。ギアが入る。

 

   長身FW今本が持ち前の馬力を生かし、やや強引に右サイドを突破する。

 

   スローインからの好機にボランチ久田がシュート。

 

25分、トップ下小島のドリブルから久田⇒佐瀬⇒小島がシュート、

 

   完全に西高の時間帯となる。

 

26分、GK鍛原のドロップキックを福渡がヘッドで捌き、小島⇒佐瀬⇒今本⇒佐瀬がセンタリング。

 

   西の機動的な組み立てが光る。惜しむらくは、ゴールが奪えない。

 

28分、右CKを永瀬が左足でゴール前へ、CF今本がヘディング。惜しくもゴール左へ。

 

31分、小平南のFKCB長尾などDF陣がブロックし、CB古水戸が起点となり、今本へ縦パスが通る。

 

  小島⇒今本⇒永瀬が左へ展開し、最後は、福渡がシュート。相手GKの好セーブ。

 

  西としてはこの時間帯、最大の得点機を阻まれる。

 

33分、左CKを右利きのMF佐瀬がゴール前へ放り込む。跳ね返される。

 

34分、CB古水戸の縦パスから、久田⇒永瀬⇒小島と流れるような攻撃。

 

35分、FW今本のポストプレー。福渡と佐瀬のパス交換から福渡がセンタリングし小島がシュート。

 

西の攻勢が続く。

 

39分、小平南の逆襲を受けるが、ボランチ久田の戻りは早く、CB長尾、久保田のカバーリングは確実。

 

40分、スローインから佐瀬⇒小島⇒今本⇒佐瀬センタリングでゴール前を襲う。

 

アディショナルタイム約2分、0-0で前半終了。

 

 

 

後半

 

0分、風上の小平南のキックオフ。立ち上がりから攻勢を強める。

 

   西のマークが遅れ、小平南FWがフリーでシュート、左へ。

 

1分、小平南、左CK。グラウンダーのため跳ね返す。

 

3分、小平南、センタリングがゴール左を襲う。GK鍛原が大車輪。

 

4分、ボランチ小澤が、お返しのロングシュート。

 

   福渡が永瀬を使い、センタリングし小島が合わせる。

 

10分、西のFKCB長尾がキックし、永瀬が受け、小島がチャンスを広げる。

 

福渡がバイシクルシュートを試みる。小島のボールへの執念が光る。

 

   西のペースへ戻していく。

 

12分、CB久保田からのフィードで、佐瀬が突破を図る。

 

16分、CB長尾の粘り、相手に渡ったボールを取り戻す。

 

    小平南は、右サイドをよく走った12番を10番に選手交代する。

 

17分、小平南、交代した10番が右からセンタリング。永瀬が止めCKに。

 

18分、小平南、右CKの好機。西ゴール前でGK鍛原が囲まれる。マークがズレている。

 

   ペナルティエリア付近の小平南選手が右CKへ合わせ走り込みジャンピングヘッド。

 

これがゴール左に決まり先制点を許す。0-1。

 

20分、反撃に移るが、給水タイムになる。

 

21分、西FKの機会に、福渡がゴールへ迫る。

 

   FW今本の運動量は、やや落ちる。

 

22分、西右CKから逆襲を受けるがCB長尾が対応し攻撃の芽を摘む。

 

23分、出足の良いMF佐瀬がチャンスを作る。佐瀬の粘りからFKを獲得しヘディングに結び付ける。

 

26分、故障明けの福渡が足を引きずるシーンがみられた。主審のファウル判定に不服そうにする。

 

28分、小平南がFKの好機。西はマークの確認がやや遅い。

 

31分、ボランチ久田⇒永瀬⇒小島と縦に早い攻撃は、衰えない。

 

33分、ごランチ小澤の突破、左MF永瀬がゴール前に迫る。

 

34分、GK鍛原から小澤⇒小島と縦へ早い組み立てで攻勢をかける。

 

   小平南は、タッチへ大きなクリアで対抗する。

 

35分、主審は、厳しい守備をした福渡にイエローカードを出す。

 

39分、FW今本がセンタリングし、最後まで意地をみせる。

 

40分、小平南が左CKを得たが、なかなかプレーせず遅延行為で警告を受ける。

 

42分、アディショナルタイム2分間も西が攻勢をかけるが、タイムアップの笛が鳴る。

 

西高は前半0-0、後半0-1で惜敗する。

 

(短評)

 

・どの選手も、個々には局面ごとによく戦ったが、チームとして勝負所の集中力が

 

今一つ、欠けていたため、失点を招き、攻めては1点が遠かった。

 

3年生71期は、これがラストゲームとなった。個人的には、優れた選手が多くいましたが、

 

公式戦では不運な展開があり、勝ち運に恵まれなかった。大学入学後もサッカーを続け、

 

自身のサッカーライフを築いていかれることを望んでいます。

 

2年生、1年生は、素質やセンスがある選手が多い。体幹など基礎体力を鍛え、

 

チームプレーに磨き、勝負どころの集中力を発揮できれば、可能性は十分ある。

 

これからの成長を期待したい。

 

・末筆ながら、日頃ご指導いただいています、平山先生、寺嶋先生に感謝申し上げます。