新人選手権第5地区2016.11

第2回戦 私立武蔵戦の観戦記

ハーフタイム、選手間で分析し、対策を話し合うイレブン。
ハーフタイム、選手間で分析し、対策を話し合うイレブン。
武蔵のコーナーキックへ対応する西DF陣。
武蔵のコーナーキックへ対応する西DF陣。

2016.11.23 新人選手権第5地区
第2回戦 私立武蔵戦の観戦記
●都立西高 0-1(前半0-0、後半0-1)私立武蔵
     40分ハーフ 会場:私立武蔵グランド 天候:曇天、時にやや強い風。   
先発メンバー:GK西原壮太(70)、CB櫛田潤(70)、CB高田海聖(70)、CB下山田徹大(70)、ボランチMF大村拡平(70)、ボランチMF小澤卓也(71)、右MF箕輪統(70)、左MF野中元太(70)、トップ下MF杉村蒼士(70)、FW久保田耕介(70)、FW福渡渓太(71)。
  交代出場:FW石塚奏太(70)、MF長尾璃人(71)
登録メンバー:GK浅野準輝(70)、SB長田健成(70)、MF斉藤良太(70)、永野孝央(70)、MF新町太一(70)、FW矢崎友康(70)、CB岩本理志(70)。
第1試合、9時30分に、サックスブルーのユニフォーム、都立西のキックオフで試合開始。
    微風ながら、風上は私立武蔵が位置した。
1分、試合巧者の私立武蔵は先制攻撃を仕掛ける。GK西原がキャッチする。
2分、武蔵は右CKを得ると、武蔵の10番が、ニアのヘッドに合わせ西に防がれ、再度右CKを得ると、2度目は、ファーのヘッディングに合わせる。
    西の守備陣は、3CBですが、左右のMFは、下がり気味で、5バックのような陣形。
4分、ようやく西も、右サイドをFW久保田が走り、反撃を開始する。
5分、トップ下のMF杉村が巧みにボール奪取し、中盤の覇権の攻防が激しく展開する。
   最初の5分間をしのぎ、次第に西がペースを掴むようになる。後方、CB陣のパス回しから、縦への有効なパスが、出るようになる。
9分、西がFKを得て、MF大村が直接ゴールへ蹴るとGKがキャッチし、西の初シュートとなる。
10分、危険な時間帯を過ぎ、武蔵の攻勢より、西の左右からの攻撃が目立つようになる。
11分、右サイドから、FW久保田→MF大村、最後はFW福渡が初シュート。DFにブロックされる。
12分、MF杉村のCK攻撃、14分、MF小澤のボール奪取からMF大村がチャンスを作る。
16分、CB櫛田のFKから、FW福渡のシュート。
19分、武蔵のFKを跳ね返し、CB下山田を起点に、福渡→MF野中→FW福渡がセンタリングなど多彩な攻撃を展開する。
22分、CB下山田を起点にMF大村→FW福渡→FW久保田がシュート、惜しくもサイドネット。
23分、武蔵のハンドで得たFKを大村が長身CB下山田に合わせ、ヘディングがミートするが、武蔵GKがからくも、ジャンプ一番キャッチする。最大の得点チャンス。
26分、武蔵が反撃に移り、中盤のボールを支配する。
27分、武蔵のFKからの攻撃を防ぐ。
28分、中盤で、MF杉村とボランチの大村、小澤がボールを良く追いかけ、再び西が支配する。
31分、MF野中が粘りの守備をみせれば、MF箕輪は右サイドで武蔵のエースを渡りあう。
34分、右サイドで、ピンチとなるが、CB櫛田がブロックする。
   前半10分以降武蔵にシュートを許さない。
36分、左CKを杉村が蹴り、ゴール前に迫るが、シュートまで至らない。
38分、MF大村を起点に、FW福渡からMF野中へ一気にゴールへ迫る。
41分、なおも攻防は続くが、前半終了。0-0.
後半
交代選手なし。武蔵のキックオフ、西が風上サイドに位置する。
0分、武蔵の先制の左サイド攻撃。西は集中力で跳ね返す。
1分、MF杉村がFWの位置に上がり、3トップの形で、先制点を狙う。
5分、左サイドの混戦でMF杉村が粘り、FW福渡がシュートするが、ブロックされる。
6分、武蔵の16番が負傷するアクシデント。
8分、武蔵の鋭い攻撃が西ゴールへ迫るが、西守備陣はシュートを打たせない。
10分、MF箕輪→MF杉村→FW久保田とパスが中盤で繋がる。
12分、FW久保田が、右足を振りぬき、強烈なシュート。GKがキャッチする。
14分、西GK西原は、プレースキックが得意で、GK起点のフィードを繰り出す。
15分、右CKを杉村が左足で蹴り、ゴール前での混戦を狙う。
16分、MF小澤→MF大村→FW福渡→FW久保田がゴール前へ突っ込む。
21分、西FKによりFW久保田とGKが交錯する。
22分、運動量が一番多かったMF杉村に代え、長身FW石塚を投入する。
24分、武蔵にイエローカードが出て、FKをCB櫛田→MF野中がセンタリング。
26分、武蔵が、左サイドからの素早い逆襲。センタリングを中央のFWが落ち着いて、西ゴール左に決める。武蔵としては、前半10分以降、久々のシュートが、先制点となる。
29分、追加点を狙う武蔵の攻撃を、全員で跳ね返す。
31分、MF箕輪に代えて、1年生MF長尾璃人を投入する。
35分、CB櫛田が上がり、攻撃陣を厚くする。
42分、FW福渡→FW久保田→櫛田と最後まであきらめない攻撃。
43分、主審の長い笛が吹かれ、残念ながら、0-1で惜敗する。

守護神GK西原の正確なキック
守護神GK西原の正確なキック
CB櫛田のFK
CB櫛田のFK

CB下山田のキック
CB下山田のキック
CB下山田のヘディング。ゴールならず。
CB下山田のヘディング。ゴールならず。

右サイドのMF箕輪。
右サイドのMF箕輪。
MF野中の厳しいマーク。
MF野中の厳しいマーク。

運動量が随一、MF杉村。
運動量が随一、MF杉村。
右サイドを切り裂く、FW久保田。
右サイドを切り裂く、FW久保田。

中盤で身体を張るボランチ大村主将。
中盤で身体を張るボランチ大村主将。
力感あふれるMF大村のキック。
力感あふれるMF大村のキック。

俺にまかせろ、交代出場FW石塚。
俺にまかせろ、交代出場FW石塚。
DFをかわす、FW石塚。
DFをかわす、FW石塚。

1年生エースFW福渡の左足シュート。
1年生エースFW福渡の左足シュート。
押し上げる1年生ボランチ小澤。
押し上げる1年生ボランチ小澤。

箕輪に代わり1年生MF長尾が投入される。
箕輪に代わり1年生MF長尾が投入される。
ベンチの平山先生・斉藤先生・寺嶋先生。
ベンチの平山先生・斉藤先生・寺嶋先生。

タイムアップまであきらめない西高最後の攻撃。
タイムアップまであきらめない西高最後の攻撃。

2016.11.20 第1回戦 都立中野工業戦

勝利の報告へ向かう笑顔のイレブン。
勝利の報告へ向かう笑顔のイレブン。

2016.11.20 新人選手権第5地区
第1回戦 都立中野工業戦の観戦記
〇都立西高 10-1(前半6-0、後半4-1)都立中野工業
  (得点者:前半1分大村、8分福渡、23分福渡、24分福渡、33分福渡、34分福渡。
    後半6分大村、15分櫛田、22分石塚、35分石塚)
   40分ハーフ 会場:私立武蔵グランド
   天候:秋晴れ、微風。前日が雨のため、人工芝ながらやや軟弱。
先発メンバー:GK西原壮太(70)、CB櫛田潤(70)、CB高田海聖(70)、CB下山田徹大(70)、ボランチMF大村拡平(70)、ボランチMF小澤卓也(71)、右MF箕輪統(70)、左MF野中元太(70)、 トップ下MF杉村蒼士(70)、FW久保田耕介(70)、FW福渡渓太(71)。
交代出場:FW矢崎友康(70)、FW石塚奏太(70)、MF新町太一(70)、CB岩本理志(70)。
登録メンバー:GK浅野準輝(70)、SB長田健成(70)、MF斉藤良太(70)、永野孝央(70)。
40分ハーフ
第2試合、11時20分に、都立中野工業のキックオフで試合開始。
同日開催の杉並区民大会との関係もあり、新人戦はAチーム、70期2年の全員と、
71期1年からは、MF小澤とFW福渡の二人で構成。杉並区民大会のBチームは、
全員71期の1年生です。ユニフォームは中野工業が青のため、西は白いセカンドユニフォーム。 もっとも、セカンドの白いユニフォームが、好成績を上げており、縁起が良い。
システムは、3バック、2ボランチ、2トップでスタート、後半は4バック1ボランチ3トップを試行している。
開始1分、FW久保田が右サイドを切り込み、FW福渡が折り返し、ゴール前で混戦となる。
チャンスとみて、上がっていたボランチ大村主将が抑えたシュートをゴール右隅に決め、
早くも西が先制する。①点目
3分、CB陣のパス回しは、落ち着いており、しっかりキープして、前方の走りだしに同期を合わせて、コントロールされた、長い縦パスを送る。特にCB櫛田とCB下山田からのフィードは正確である。CB高田は1対1で、当たりが強く心強い。
6分、相手のリズムを断ち切るCB櫛田のスライディング。
8分、CB櫛田からの縦パス→MF小澤から→FW久保田がキープし中央へ折り返し→FW福渡がゴール右隅へシュート。鮮やかな連携から得点に結びつける。②点目
10分、久しぶりにGK西原がボールに触る。
11分、FW福渡が一人でドリブルで持ち込み、シュートまで放つ。
13分、MF杉村が中盤で良く走り、体を張ってプレーする場面が目立つ。
14分、GK西原→FW久保田→MF杉村→MF大村のシュート。GKを起点としてシュートまで放つ。
15分~19分、MF杉村は、コーナーキック担当で、右CKを右足で、左CKを左足で蹴れる。
     ゴール前、絶好のチャンスを作るも、あと一歩で押し込めず。
21分~22分、立て続けにチャンス。CB下山田のヘディングは惜しくも左へ。
   MF箕輪がFW久保田とのコンビで早い攻撃を仕掛ける。
23分、度重なる波状攻撃のとどめを、FW福渡が反転しシュートを決める。③点目
24分、ボランチ大村を起点に攻撃し、最後はFW福渡が落ち着いて決め、ハットトリック完成④点目
30分、左サイド攻撃をCB下山田を起点にMF小澤、MF野中が盛んに仕掛け、しばしばCKを獲得する。
33分、左CK杉村のキックをMF大村がヘディング、これはバーに当たる。直後のチャンスに、FW福渡がヘディングで決める。⑤点目
34分、MF箕輪→FW久保田、最後はFW福渡が曲芸的なプレーを見せ、得点する。⑥点目。
35分、反撃する中野工業のFWをCB下山田が密着マークでボール奪取する。
41分、西高は手を抜かずに攻め立てる。主審がハーフタイムの笛を吹く。前半を6-0で折り返す。
後半
0分、西高は、FWの交代とシステムを変更する。
   FW福渡→FW石塚、ボランチ小澤→FW矢崎。これで3FW、1ボランチとする。
   CB櫛田を右SBに、MF野中を左SBに下げ、4バックとする。
1分、投入されたFW矢崎は、左サイドをスピード感ある走力とドリブルで切り裂いていく。
   左CKをいくつも獲得する。左CKをMF箕輪が蹴る。
5分、中野工業のFKがゴール前にフィードされ、GK西原がなんとか防ぐ。
6分、FW矢崎のスピードで相手ゴール前でのチャンスを掴むと、ボランチ大村が豪快に、
 右足を振りぬき、左隅にゴールを決める。後半も大村が先陣を切る。⑦点目。
12分、FW久保田のセンタリングをFW石塚がヘディング。さらに、FW久保田が自ら強烈なミドルシュート。
15分、FW久保田から、相手ペナルティエリア付近まで上がってきたSB櫛田にパス。櫛田は素早くシュート。⑧点目。
20分、MF箕輪に代えて、MF新町を投入。運動量豊富な新町は軽快に走る。
22分、左サイドをFW矢崎が走り込みゴール前のチャンスを作り、FW石塚が二度目のシュートで押し込む。⑨点目。
24分、MF新町がシュート。
26分、CB高田に代え、CB岩本を投入。CB下山田とセンターバックを構成。
31分、FW久保田が右サイドを突破し、自らシュート。
32分、中野工業が反撃し、10番の選手がドリブルで中央突破。GK西原もかわし、ゴール。1点を返される。(9-1)
33分、CB岩本が積極的な守備をみせる。
34分、FW矢崎が、GKと1対1となるが、阻まれる。
35分、FW石塚が、ドリブル後、正面から、豪快に右足を振りぬきゴール。⑩点目。
41分、MF杉村は、最後まで走力が落ちない。中盤をドリブルで作っている。
42分、主審の長い笛がなり、初戦を10対1で突破する。

力量的には、点数ほどの差はない。短いパスに加え、長い縦へのパスを有効に使えたことが
ゴール前のチャンスを数多く作れた要因であろう。両サイドを縦に突破した走力あるFWが、
良い折り返しを送ったことも、得点に結びついた。
ただし、反省点も得点と同じくらいある。ヘディングシュートの不正確さもその一つ。
第2回戦の私立武蔵は手強い。しかし、チャンスを作ることは、いくらでも可能である。
その時に、どれだけ、全員が集中できるかが勝負を分ける。立ち上がりの5分、最後の5分、前半、後半とも、特にこの時間帯の集中力がカギである。また、セットプレー時の集中力。
新チームがどこまでできるか、挑戦してもらいたい。期待しています。

先制点を喜ぶ左から4櫛田、14小澤、7大村、6高田。
先制点を喜ぶ左から4櫛田、14小澤、7大村、6高田。
得点を挙げた右端9福渡を迎える14小澤と11久保田
得点を挙げた右端9福渡を迎える14小澤と11久保田

CB高田の強烈なアタック。
CB高田の強烈なアタック。
MF野中が状況判断する。
MF野中が状況判断する。

ボランチ小澤のキープ力。
ボランチ小澤のキープ力。
ボランチ大村がヘディングシュート。
ボランチ大村がヘディングシュート。

祝福する大村、福渡、野中。
祝福する大村、福渡、野中。
5点を決めた9福渡の晴れやかな表情。
5点を決めた9福渡の晴れやかな表情。

ハーフタイム、寺嶋先生の指導。
ハーフタイム、寺嶋先生の指導。
円陣を組み、後半戦へ臨む。
円陣を組み、後半戦へ臨む。

後半登場、FW矢崎のキープ力。
後半登場、FW矢崎のキープ力。
FW矢崎、左足のシュート。
FW矢崎、左足のシュート。

MF箕輪のドリブル。
MF箕輪のドリブル。
GK西原、ジャンプしてキャッチ。
GK西原、ジャンプしてキャッチ。
GK西原のゴールキック。
GK西原のゴールキック。
頼れるCB下山田。正確な縦パスもある。
頼れるCB下山田。正確な縦パスもある。

体を張るFW石塚。
体を張るFW石塚。
運動量豊富なMF杉村。
運動量豊富なMF杉村。

周りをよく見て走るMF新町。
周りをよく見て走るMF新町。
後半登場した、CB岩本。
後半登場した、CB岩本。

試合の記録班も大活躍。
試合の記録班も大活躍。
ベンチも休む時はありません。北浦マネージャー。
ベンチも休む時はありません。北浦マネージャー。